【高価買取】iPhoneのsimロック解除について

使用しなくなったiPhoneを買取に出そうとしたとき、SIMロック解除という言葉を目にすることがあります。一般的にiPhoneをできるだけ高い金額で買い取ってもらうには、SIMロック解除をしなければなりません。 ここではSIMロック解除とはどのような状態のものを指すのかという基本的なことから、SIMロック解除する方法をまとめました。


この記事は約7分で読み終わります。

そもそもSIMロック解除とは

iPhoneを含むスマホを使用するには、SIMカードが必要です。SIMカードは通話やネットなど通信するために必要なカードで、キャリアで購入したスマホは、基本的に購入したキャリアでしか使用できないようにロックがかけられています。

このキャリアごとにロックがかけられている状態を「SIMロック」と呼び、端末にかけられているキャリアの使用制限をなくすことを「SIMロック解除」というのです。

たとえば、docomoで購入したiPhoneにauのSIMカードを挿入しても使用できませんが、SIMロック解除をすることで使用できるようになります。

目次へ

iPhone買取前はSIMロック解除が基本

iPhone買取業者の中には、SIMロック解除済みのiPhoneでないと買取しないというところもあります。iPhone買取前のSIMロック解除は、今では当たり前の作業なのです。

ここからは、SIMロック解除することで得られるメリットや注意点を解説します。

SIMロック解除で高価買取

SIMロックされているiPhoneとSIMロック解除されているiPhoneでは、買取価格が違う場合が多いです。多くのiPhone買取業者でSIMロック解除されているiPhoneのほうが、5,000円以上高く買取るという傾向にあります。

2015年4月以降に販売されているiPhoneは、購入日から90日以上経つとSIMロック解除が可能になるので、買取に出す前には忘れずにSIMロック解除をしておきましょう。

iPhoneの買取なら、スマホスピタルにお任せください。スマホスピタルグループは、全国80店舗の大型展開をしているiPhone修理、買取業者です。明瞭な買取価格を提示しており、安心してiPhoneを買取りに出していただけます。

iPhone買取に関して経験豊富なスタッフが対応しますので素早く査定し、その場で現金をお渡しすることが可能です。

スマホスピタルでは修理もおこなっているので、画面割れや故障しているiPhoneの買取も積極的におこなっております。他社で買取を断られたiPhoneも、一度スマホスピタルにご相談ください。

SIMロック解除の注意点

注意しなければならないのは、SIMロック解除はどの機種でもできるわけではないということです。

iPhoneの場合、iPhone6s以降の機種ならSIMロック解除に対応していますが、それ以前のiPhone5シリーズ以前の場合はSIMロック解除非対応となっています。

またSIMロックを解除する方法に、キャリアの店頭でSIMロックを解除してもらう方法と自分でネットや電話を使ってSIMロック解除をする方法がありますが、店頭でSIMロック解除を依頼する場合は、事務手数料が約3,000円発生することになるので注意してください。

目次へ

SIMロック解除の条件

まずSIMロック解除対象機種であることが前提ですが、それ以外にもiPhoneのSIMロック解除の条件はキャリアごとに異なります。SIMロック解除の前に、ご自身のiPhoneが契約キャリアの条件に合っているかを確認しておきましょう。

docomoの条件

1.2015年5月以降に発売したSIMロック解除対象機種で、契約者本人が購入しているiPhoneであること
2.「ネットワーク利用制限」や「おまかせロック」のような、各種ロックがかかっていないiPhoneであること
3.購入日から100日経過しているiPhoneであること

大きくはこの3つがdocomoのSIMロック解除の条件となります。解約済みのiPhoneの場合は、解約から100日以内しかSIMロック解除できないので注意してください。またiPhoneを一括払いで購入している方は、100日制限はありません。

auの条件

1.2015年4月23日以降に発売したSIMロック解除対象機種で、契約者本人が購入しているiPhoneであること
2.「ネットワーク利用制限」がかかっていないiPhoneであること
3.購入日から101日目以降のiPhoneであること

大きくはこの3つがauのSIMロック解除の条件となります。一括払いで購入している方は、101日目以降でなくても即日SIMロック解除が可能です。

SoftBankの条件

1.2015年5月以降に発売したSIMロック解除対象機種で、契約者本人がSIMロック解除手続きをおこなうこと
2.ネットワーク利用制限のような各種機能制限がかかっていないこと
3.購入日から101日目以降のiPhoneであること

大きくはこの3つがSoftBankのSIMロック解除の条件となります。auと同じく一括払いで購入している方は、101日目以降でなくても即日SIMロック解除が可能です。

注意しなければならないのは、解約済みのiPhoneの場合は、解約から90日以内しかSIMロック解除できないという点です。ほかのキャリアに比べて10日短いので覚えておきましょう。

※2020年1月現在の条件となります、変更時期によっては条件が変わっている場合もございますのでキャリアページにて詳細をご確認ください。

目次へ

電話やネットによるSIMロック解除の手続き

携帯キャリアの店頭でSIMロック解除をおこなってもらうと、何も自分でしなくてもいいので安心という方もいますが、事務手数料がかかってしまいます。

手数料を払ってキャリアの窓口に依頼しなくても、自分で簡単にSIMロック解除はできるのでぜひ参考にして挑戦してみてください。

SIMロック解除の際に、iPhoneのIMEI番号が必要になります。IMEIは、iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」の順にタップする方法と、電話発信画面から「*#06#」を発信して確認する方法があるので、事前に準備しておいてください。

docomoの解除方法

docomoの場合、ドコモオンライン手続きでSIMロック解除をおこなうと無料ですが、電話でSIMロック解除をすると、店頭でするのと同じく事務手数料が3,000円かかります。

ドコモオンラインでSIMロック解除する手順は、

1.iPhoneのIMEI番号を確認する
2.My docomoのドコモオンライン手続きをクリックする
3.SIMロック解除→お手続きへの順番にアクセスする
4.My docomoにログインして、iPhoneのIMEI番号を入力する
5.注意事項を確認し、手続きを完了するをクリックするとSIMロック解除の申込みが完了

auの解除方法

auは無料でSIMロック解除をする場合、My auから自分で手続きする方法になります。

My auでSIMロック解除する手順は、

1.iPhoneのIMEI番号を確認する
2.My auのSIMロック解除可否判定ページへ行き、IMEI番号を入力して判定する
3.判定結果に「○」が出れば「こちらからお手続き」をクリックする
4.電話番号や機種が合っているかチェックし、「選択」をクリック後4桁の暗証番号を入力する
5.注意事項を確認後、SIMロック解除理由などをチェックして「この内容で申し込む」をクリックするとSIMロック解除の申込みが完了

SoftBankの解除方法

SoftBankは無料でSIMロック解除をする場合、My SoftBankから自分で手続きする方法になります。

My SoftBankでSIMロック解除する手順は、

1.iPhoneのIMEI番号を確認する
2.My SoftBankにログインする
3.iPhoneから操作する場合は「契約確認・変更」→「SIMロック解除対象機種の手続き」の順にタップ、パソコンから操作する場合は「料金プラン/オプションの確認・変更」→「SIMロック解除対象機種の手続き」をクリックする
4.IMEI番号を入力後、注意事項をチェックして「解除手続きをする」をクリックする
5.「SIMロック解除方法を見る」をクリックして画面に従って操作する

目次へ

まとめ

SIMロック解除は、自分で簡単にできる作業です。SIMロック解除するだけで、iPhoneの買取価格がアップするので、買取前には必ず実行しておきましょう。

iPhoneの買取について疑問がある場合は、お気軽にスマホスピタルへご相談ください。

目次へ