ネットワーク制限にかかったiPhoneを買取に出すための方法!

ネットワーク制限がかかったiPhoneは買取に出せないと思っている方は多いのではないでしょうか。ネットワーク制限がかかると、LTEや4Gなどのインターネットを利用できなくなるため、iPhoneを買取に出せなくなると思うのは自然なことでしょう。 また、知らないうちにネットワーク制限がかかっているケースもあるため、確認方法についても覚えておくことが大切です。今回は、ネットワーク制限がかかったiPhoneを買取に出す方法やネットワーク制限の有無を調べる方法について詳しくご紹介します。


この記事は約6分で読み終わります。

ネットワーク制限とは?

ネットワーク制限とは、一定の条件を満たした場合に通話や通信を制限する仕組みです。ただし、Wi-Fi通信は制限されないため、一切のインターネットを利用できなくなるわけではありません。ネットワーク制限は自分で設定するのではなく、キャリア側が設定します。

条件はキャリアによって異なりますが、本体代金の支払いが滞っていたり不正な契約をしていたりする場合にネットワーク制限がかかります。

ネットワーク制限がかかると、iPhoneの機能を発揮できなくなるばかりか、携帯電話としても利用価値が失われます。そのため、中古買取店では査定時にネットワーク制限の有無を確認し、制限がかかっている場合は買取を断ることがほとんどです。

基本的に、一括払いで購入していたり、分割払いを完済していたりしていれば、ネットワーク制限はかかりません。

しかし、ネットワーク制限がかかっていなくても、今後制限される可能性がある場合は、買取に支障をきたす恐れがあります。そのため、ネットワーク制限とは無縁と思っている方も、一度ステータスを確認しておくことが大切です。

目次へ

ネットワーク制限のiPhoneの確認方法

iPhoneの買取に出す前に、ネットワーク制限がかかっていないかどうか確認しましょう。現在、使用しているiPhoneであれば、特に調べずともネットワーク制限の有無がわかります。

しかし、過去に使用していたiPhoneを買取に出す場合は、気づかないうちにネットワーク制限がかかっている可能性があるため確認が必要です。また、ネットワーク制限がかかっていなくても買取価格が減額されたり買取を拒否されたりする場合もあります。

次の手順でネットワーク制限の有無を確認しましょう。

製造番号を確認

製造番号もしくはIMEI番号からネットワーク制限の有無を確認できます。製造番号、IMEI番号は次のように調べましょう。

「設定」アプリ→「一般」→「情報」の順に選択→「IMEI(製造番号)」の欄を確認

iPhoneやiPadなどのApple製品は、すべて同じ方法で製造番号を確認できます。

iPhoneを買取に出す場合は、事前にリセットする方もいるでしょう。リセット済みの場合は、画面右下の「i」のマークで製造番号を確認してください。また、iPhoneやiPadの外箱にもIMEI番号の記載があります。

そのほか、電池パックを取り外したところにも、製造番号もしくはIMEI番号が記載されています。電池パックを取り外せるかどうかは機種で異なるため注意が必要です。

電池パックを取り外せないタイプのiPhoneのカバーをこじ開けると、破損して買取価格が下がる恐れがあります。

ネットワーク制限の状態の確認

ネットワーク制限の状態は、各キャリアの「ネットワーク利用制限確認サイト」にアクセスし、製造番号もしくはIMEI番号を入力することで参照できます。結果は、「〇」、「△」、「×」、「−」で表示されます。ステータスの詳細は次のとおりです。

・〇

分割払いの残債がゼロの状態です。料金を完済しているため、ネットワーク利用制限はかかっていません。ネットワーク制限に関しては、買取価格に影響が出る心配はないでしょう。

iPhoneそのものが破損している場合は、ネットワーク制限に問題がなくても買取価格が下がる恐れがあるため注意が必要です。

・△
分割払いの残債が残っている状態です。ただし、完済していても、保証サービスに加入している場合は△が表示されます。現時点ではネットワーク利用制限がかかっていませんが、支払いを滞納すると×に変わる可能性があります。

△のステータスでは、買取金額が減額されたり買取できなかったりすることがほとんどです。買取店で対応が大きく異なるため、ネットワーク制限が△の状態で買取に出す場合は事前の問い合わせをおすすめします。

・×

支払いが滞っていたり不正な契約をしたりしているため、ネットワーク利用制限がかかっています。通話や通信ができず、スマホとして十分に機能しないため、買取できないことがほとんどです。

・−

「製造番号の入力ミス」、「本体交換製品」、「契約直後で利用者情報が未反映」などが原因です。入力ミスがないか確認しましょう。

また、契約直後の場合は、時間を置いてから再度試してください。ネットワーク制限のステータスが確認できなければ、買取の可否がわからないため対処が必要です。

キャリア別のネットワーク制限の条件

ネットワーク制限の条件は、キャリアで異なります。また、ユーザーの対応次第でステータスが変わる場合もあるため注意が必要です。キャリア別のネットワーク制限の条件について確認しておきましょう。

・docomo

一括払いで端末を購入した場合、通常では〇になります。しかし、docomoでは一括払いで購入しても△になることが多いのです。もちろん、分割払いでの購入や保証サービスへの加入などがあれば、△が表示されます。

一括払いで購入している場合は、docomoに問い合わせることで〇に変わる可能性があるため、買取に出したい方は試してみましょう。なお、〇に変わるまでには、1~3ヶ月程度はかかるため、早めに問い合わせることが大切です。

・au・softbank
一括払いで購入した場合は、翌営業日から〇になります。分割払いで購入したり保証サービスに加入したりしている場合は、△が表示されます。

このように、キャリアによって対応が異なるため注意が必要です。特に、docomoは問い合わせるだけで〇になるケースもあるため、適切に対処しなければ損をするでしょう。

目次へ

ネットワーク制限にかかったiPhoneを買取に出すには?

ネットワーク制限がかかったiPhoneは、基本的に買取に出せません。しかし、スマホスピタルなら、ネットワーク制限がかかったiPhoneも買取可能です。ただし、故障品と同等の扱いのため、ネットワーク制限がかかっていないiPhoneと比べて買取価格は安くなります。

しかしながら、ネットワーク制限以外の状態が良好な場合は、ご満足いただける買取価格をご提示できる可能性もございますので、一度ご相談ください。

スマホスピタルでは、基本的にその場で現金手渡しをしております。金額が大きい場合は、後日に指定口座へ入金いたしますが、ネットワーク制限がかかったiPhone1台の買取のみの場合は現金手渡しが可能です。

また、わかりやすく明瞭な買取価格を提示いたしますので、売却の可否をスムーズにご判断いただけます。公式サイトには、買取価格の一覧がございますので参考にしてくださいませ。当社のスタッフは、顧客対応に力を入れておりますので、気分良くiPhoneを買取に出していただけます。

また、全国のさまざまな地域に店舗がございますので、買取に出したいと思った際に速やかに現金に換えることが可能です。ネットワーク制限がかかったiPhoneを売却したい方は、お気軽にご相談ください。

目次へ

まとめ

ネットワーク制限がかかったiPhoneは、基本的に買取が難しいため、売却を検討している方はネットワーク制限の有無を確認することが大切です。キャリアの「ネットワーク利用制限確認サイト」で、ネットワーク制限のステータスを参照しましょう。ネットワーク制限がかかっているiPhoneを買取に出したい方は、スマホスピタルにご相談ください。故障扱いにはなりますが、状態が良ければ高価買取も可能です。

目次へ