iPhoneを買取に出したい方必見!買取前の準備と買取方法の流れ

「iPhoneを買取に出したいけど、買取する前に何をすればいいの?」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?機種によっては高額で取引されることもあるiPhone。そんなiPhoneを買取に出す前には、いくつかの準備が必要です。 何も準備せずにiPhoneを買取に出すと、スムーズな買取が行えなかったり、買取を断られたりするケースがあります。 今回はiPhoneの買取に出す準備と、実際の買取の流れを詳しく紹介します。事前にiPhoneの買取の流れを知っておくことで、スムーズに買取の手続きを行うことができます。iPhoneの買取を考えている方はぜひ読んでみて下さい。


この記事は約7分で読み終わります。

まずは買取の前にはiPhoneを初期化しておこう

買取に出す前に、あらかじめiPhoneを初期化しておくことが重要です。iPhoneを含めスマートフォンには、名前や住所、連絡先などの個人情報がデータとして入っています。もし初期化せずに買取に出すと、次の利用者があなたの個人情報を見ることができてしまい危険です。

個人情報の流出を防ぐためにも、買取の前には必ず初期化しておきましょう。ここでは、初期化の手順について詳しく紹介していきます。

iPhoneの初期化方法

iPhone初期化の大まかな流れは下記になります。

それぞれ大事な作業なので、手元の端末で確認しながら読んでみて下さい。

■本体のバックアップ
iPhoneの初期化の前には必ずバックアップを取っておきます。初期化すると、写真や連絡先などの大事なデータが消えてしまいます。データを残しておきたい人は、必ずバックアップの手順を知っておきましょう。バックアップはiTunesとiCloudの2つの方法があります。

パソコンをお持ちでは無い方は、iCloudでバックアップを取りましょう。以下順を追って説明します。

・iTunesのバックアップ
1.iTunesを開きパソコンとiPhoneを接続
2.iTunesにiPhoneと表示されたら選択
3.バックアップ欄から「今すぐバックアップ」を選択
4.バックアップ完了

・iCloudのバックアップ
1.iPhoneをWi-Fiネットワークに接続
2.「設定」から「ユーザー名」を選択し「iCloud」をタップ
3.「iCloudバックアップ」をタップし「今すぐバックアップを作成」をタップ
4.バックアップ完了

バックアップが完了すると、画面に最新のバックアップの時間が表示されます。正常にバックアップされたかしっかり確認しましょう。

■「iPhoneを探す」をオフ
初期化の前にiPhoneを探す」も忘れずにオフにしておくようにしてください。「iPhoneを探す」をオフにせず初期化してしまうとアクティベーションロックがかかり、次の利用者が使用できなくなる恐れがあります

1.「設定」から「ユーザー名」を選択
2.「iCloud」から「iPhoneを探す」を選択
3.パスワードを入力し「オフにする」を選択
4.「iPhoneを探す」オフ完了

■iCloudのサインアウト
iCloudのサインアウトをしておくことも大切です。iCloudをログインしたままにすると、次の利用者がiCloud内の情報を自由に閲覧できてしまいます。個人情報の流出を防ぐため、サインアウトを忘れずに行いましょう。

1.「設定」から「ユーザー名」を選択
2.最下部にある「サインアウト」をタップ
3.パスワードを入力
4.サインアウト完了

■本体の初期化
バックアップ、「iPhoneを探す」をオフ、iCloudのサインアウトが完了したら、次に初期化を行います。

1.「設定」から「一般」を選択
2.リセットを選択
3.「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択し「iPhoneを消去」をタップ
4.初期化完了

■SIMカード抜き取り
買取の前に、SIMカードの抜き取りも忘れないようにしてください。SIMカードを入れたままにすると、買取をスムーズに行うことができません。抜き忘れには注意して下さい。

1.iPhone本体側面にある小さな穴にSIMピンを差し込む
2.SIMトレーが少し開くので、指でつまんで引き出す
3.SIMトレーの中のSIMカードを取り出す
4.SIMトレーを本体に戻す

iPhoneを充電しておく

iPhoneの買取をする前に、本体の充電を行っておきましょう。買取査定の際に動作確認する必要があるため、充電が切れていると動作チェックができません。

スムーズな買取を行うためには、iPhoneを充電してから買取をするようにしてください。

目次へ

買取をする際は必ず身分証明書が必要!

iPhoneの買取には身分証明書が必要となります。これは古物営業法によって、売る相手の本人確認が必要とされているためです。

身分証明書の種類は下記になります。

・運転免許証
・健康保険証
・住民票
・パスポート
・住民基本台帳 など

来店して買取する場合は、身分証明書の原本をそのまま店舗に持っていきましょう。郵送買取の場合は身分証のコピーを郵送物に梱包して下さい

目次へ

来店買取の流れ

来店買取の流れについて順を追って紹介します。

1.来店して買取カウンターにiPhoneを持って行く
買取をしてもらう店舗にiPhoneを持っていきます。購入時の付属品(充電器やイヤホン)や箱も一緒に持っていくと、買取金額が上がる可能性があるので忘れないようにしましょう。
また、店舗によりますが、未成年の方は保護者と一緒に来店をお願いする場合があります。

2.身分証明書を提示して買取台帳に必要事項を記入
店舗での買取では、身分証明書が必要です。必ず忘れないようにしましょう。身分証明書は先ほど上記で紹介した種類です。必ず自身の身分証明書を持っていきましょう。

3.買取スタッフが動作確認
買取スタッフが動作確認を行い査定します。査定時間はおよそ30分程度です。スタッフが査定項目ごとに細かくチェックしていきますので、買取する前に過度に設定変更などには注意してください。

4.査定後承諾であれば現金にて買取金額を支払い
査定後、スタッフから買取価格が提示されるので、承諾であればその場で現金が支払われます。また店舗によっては仮査定を行っているため、仮査定金額に承諾であれば買取申込書に記入する場合もあります。

来店買取ならスマホスピタルへ!

iPhoneの買取を検討されている方は、ぜひスマホスピタルにご相談ください。スマホスピタルはスマホ修理を専門に行っているため、画面の割れたiPhoneや、電源が入らないiPhoneなど他社では買取が不可能だったiPhoneも買取してくれます。

買取金額も、その場で現金でのお支払いとなりますので安心安全です。スマホスピタルの店舗は全国に約80店舗の大型展開をしていますので、足を運びやすいのも大きな特徴です。

また、スマホスピタルの公式サイトでは「iPhone買取額早見表」という機種ごとの買取価格相場が見れるので、買取に出したい機種がどのくらいの金額なのか簡単に確認できます。

目次へ

郵送買取の流れ

スマホスピタルでは来店買取と別に郵送買取も行っています。郵送買取は店舗に行くのが面倒な人や、忙しくて店舗に行けない方にピッタリなサービスです。

郵送買取の流れについて順を追って紹介します。

1.ネットで申し込む
買取する店舗のサイトよりお客様情報を入力します。iPhoneの機種、容量、カラーなどの詳細を記入して申し込んでください。

スマホスピタルでは故障したiPhoneも買取していますので、故障した端末の場合は備考欄に故障内容を記載して下さい。

2.iPhoneと必要書類(身分証明書のコピー)を梱包して郵送
申込後に案内のメールが届きますので、指定の住所にiPhone本体と、あるならば付属品(イヤホン・充電器など)と身分証明書のコピーを梱包し、郵送して下さい。

3.到着後査定結果を連絡
到着後に査定を行い、査定金額の連絡があります。まだこの段階では買取成立ではないのでご注意下さい。

4.査定結果を承諾すれば口座に入金
査定金額に承諾されると指定口座に入金され買取完了となります。店舗によって、一定の査定金額を超えると送料・振込手数料は無料になることがありますが、超えなかった場合、送料・振込手数料は本人負担となり査定額から減額となりますのでご注意下さい。

目次へ

まとめ

iPhoneの買取する前の準備と買取の流れについて紹介しました。iPhoneを買取に出す前には本体の初期化が重要です。後に不正なアクセスや個人情報が流出してからでは遅いです。スマートフォンには住所や連絡先などの個人情報が入っていますので、悪用されないよう必ず初期化を行いましょう。

スマホスピタルでは来店買取と郵送買取の2種類の買取方法があり、自分の都合のいい買取方法を選べるのがメリットです。もし、現在使っていないiPhoneを持っている方は、ぜひスマホスピタルにお気軽にご相談ください。

目次へ