iPhoneはキャリアによって売却価格が異なる!お得に売る方法

iPhoneの買取を希望している方は、キャリアを確認することが重要になります。その理由とはiPhoneの買取価格はキャリアで異なっているからです。思っていたよりも高く売却できず、買い替えの計画に支障をきたす場合もあるでしょう。 なぜiPhoneがキャリアによって買取価格が異なる理由について確認しておきましょう。今回は、iPhoneがキャリアによって買取価格が異なる理由と、お得に売る方法について詳しくご紹介します。


この記事は約6分で読み終わります。

キャリアによってiPhoneの買取額が異なる理由

キャリアのiPhoneの買取価格は、どれだけ多くのMVNOを利用できるかで決まります。MVNOとは、仮想移動体通信事業者のことで、いわゆる格安SIMを取り扱っています。実は、MVNOはdocomo、au、softbankの通信設備を借りて通信サービスを提供しているのです。

iPhoneは、MVNOが借りている通信設備に対応したものでなければなりません。例えば、auの通信設備を借りているMVNOの格安SIMは、auのiPhoneでなければ利用できないのです。そのため、キャリアのiPhoneよりもSIMフリーのiPhoneの方が高く売れます。

キャリアの中でも高く売却しやすいのがdocomoのiPhoneです。docomoは、さまざまなMVNOに通信設備を貸し出しているため、市場価値が高くなりやすいのです。もちろん、すべてのSIMカードに対応しているSIMフリーのiPhoneがもっとも高く売れることに変わりはありません。

MVNOの料金はキャリアと比べて安いため、多くの人が利用しています。月々の携帯料金を抑えたい方は、MVNOを積極的に利用するでしょう。そのため、中古市場ではMVNOが買取価格を決める大きな要因なのです。

なお、キャリアのiPhoneの市場価値は絶えず変動しています。例えば、ソフトバンクの通信基地が増えたり、通信設備を借りている業者が増えたりした場合は、ソフトバンクのiPhoneの価値が上がるでしょう。

また、docomoのiPhoneが多く出回りすぎた場合は、市場価値が下がる可能性があります。このように、売却のタイミングで価値が変動するため注意が必要です。まずは、買取査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

目次へ

買取か下取りどちらがお得?

iPhoneを売却するときは、買取と下取りのいずれかを選びます。それぞれの違いを把握して、自分にあった方法を選びましょう。

キャリアiPhoneにおける下取りとは、キャリアがiPhoneを引き取り、代わりに新しいスマホを割引価格で提供したり特典をつけたりする方法です。

例えば、新しいスマホを1,000円割引、有料サービスを半年間無料で利用などの特典があります。

iPhoneを現金に換えることはできませんが、割引や特典などを受けられるため、実質のところ利益を得られます。他のキャリアに乗り換える気がない場合は、下取りがおすすめです。

ただし、自分にとって必要な割引や特典か十分に確認しましょう。例えば、有料サービスを無料で利用できるにしても、サービスの必要性が低いと下取りを選ぶメリットがありません。この場合は、買取を選び、現金を得た方がいいでしょう。

また、iPhone8以降では、下取り価格が高い可能性があります。ただし、画面割れや故障など、修理にコストがかかるケースでは下取りできない場合もあるため注意が必要です。

docomoとsoftbankは、内部ストレージの容量に関係なく同じ金額で下取りしています。auは内部ストレージの容量に応じた下取り価格が設定されているため注意しましょう。

また、下取りをするのと買取を依頼するのと、どの程度の差があるのか確認が必要です。金額に換算すると、数万円もの差が生じる場合があります。それでは、買取について詳しくみていきましょう。

キャリアiPhoneにおける買取とは、iPhoneを売却してお金に換えることです。買取先は中古スマホ販売店や修理店などで、キャリアとは無関係の業者です。

下取りとは異なり、特典や割引などのサービスはありません。需要に応じて買取価格が異なるため、タイミング次第では予想以上の高値で売却できます。特に、新シリーズのiPhoneが発売された直後は、買取価格が上昇する傾向があります。

新しいiPhoneを購入したユーザーの多くが以前使用していた機種を売却し、それをさらに前の機種を使用していた人が購入します。この買取~販売のサイクルをうまく回すことで、販売店が利益を得られるのです。

販売店としては、新しいiPhoneが販売されたタイミングで旧シリーズのiPhoneを売却してほしいため、高価買取を実施しています。

また、かなり昔のiPhoneでも高価買取を実施している場合があります。中でも高い人気を誇る旧シリーズは、iPhone5s、iPhone6s、iPhone seです。これらのiPhoneの人気が高いのは、携帯性や機能性、コストパフォーマンスに優れているためでしょう。

iPhoneは、多少の傷があっても問題なく買取可能です。ただし、故障している場合は修理コストがかかるため、下取りはもちろんのこと買取も難しい傾向があります。一部の店では、故障しているiPhoneも買取が可能です。

下取りは、金額に換算すると買取よりも利益が少ないため、より多くの利益を得たい場合は買取がおすすめです。買取は、修理店や買取店などで依頼できますが、店によって買取価格が大きく異なるため注意しましょう。

目次へ

iPhoneの買取をするならスマホスピタル

iPhoneの買取は、スマホスピタルにご相談ください。スマホスピタルでは、壊れているiPhoneでも高価買取が可能です。必ず買取れるとは限りませんが、ある程度大きな故障があっても買取れる可能性があります。

また、iPhoneの最新機種から古い機種まで幅広く買取を行っておりますので、昔使っていたiPhoneでも一度お持ち込みください。

人気のiPhone5sやiPhone6sも高価買取を実施しています。一例では、iPhoneX 256Gは66,000円、iPhone8 256Gは40,000円、iPhone6s 128Gは9,000円です。(2020年2月時点)

買取価格の目安は公式サイトに掲載しておりますので、事前に買取を依頼するかどうか検討いただけます。他店では買取できなかったiPhoneでもスマホスピタルなら買取可能な場合もございますので、一度ご相談ください。買取を諦めてしまうと、数千円~数万円も損をしたことになるため、新しいiPhoneの購入資金を増やすためにも、スマホスピタルにお持ち込みいただければと思います。

スマホスピタルは、お客様に安心して買取をご依頼いただけるように、明朗会計を心がけており、その場でわかりやすく買取価格をご提示しますので、冷静なご判断が可能です。また、買取が完了次第その場で現金をお渡ししますので、ご安心ください。

目次へ

まとめ

キャリアのiPhoneの価値は、流通や需要の関係で変動します。docomoとsoftbankが一般的に高価買取できるため、一度査定に出してはいかがでしょうか。また、より多くの利益を得たい場合は、下取りよりも買取の方がおすすめです。

故障している場合は買取が難しいことがほとんどですが、スマホスピタルでしたら買取できる可能性があります。人気のiPhoneは買取価格も高い傾向があるので、まずはホームページで買取価格の目安をチェックしてみてください。

目次へ