お役立ち情報
SCROLL DOWN

スマホのバッテリーについて

スマホスピタルお役立ち情報 iPhone・スマホなどのバッテリー劣化時に起こる症状とは?

iphonerechage

バッテリー劣化による症状のご案内

電池の持ちが悪くなる

充電がしっかりと出来なくなる

電源がつかなくなる

バッテリーの劣化ときいたら、大体の方が

この3つを思い浮かべるのではないでしょうか?

これも間違いではないですが

「バッテリーの膨張」

これも劣化による症状の1つなんです!

1:電池の持ちが悪くなる

バッテリーの劣化で1番多くある症状です。

寝る時に充電し、朝には100%まで溜まっていたのに

お昼には50%を下回ってしまい、夕方には電源が切れてしまう。

こうなってしまうと、学校やお仕事が終わっても

お友達、ご家族と連絡がとれなくなってしまい

予定を立てれなかったり、予定を立てたけれど待ち合わせが出来ない…

なんて状態になってしまいますよね。

2:充電がしっかりと出来なくなる

①の症状に比べると少なくはなりますが、意外と多い症状です。

寝ると時や時間に余裕がある時に充電をする方が多いと思いますが

ちゃんと充電されてるか確認までする方は少ないのではないでしょうか

通常だと充電器を挿したら充電されるものですからね…

しっかり充電が出来なくなってしまうと

出かけるのに電池残量が少なくて携帯がすぐに使えなくなってしまい困ってしまいますよね…

3:電源がつかなくなる

意外と多くある症状です。

この症状になってしまうと、携帯で全くなにもできなくなってしまうので

1番、支障が出てしまいますね…

4:バッテリーの膨張

この症状はそんなに多くはありませんが

リチウムイオンバッテリー自体が膨らむ性質を持っている為

皆様のスマホ等、すべてが膨張予備軍となってしまします…

過充電や急激な消耗、急激な寒暖差を避けて使っていれば

外から見てもわからないぐらいの膨張はあるかもしれませんが

普段の使用に大きく支障は出ない場合もあります。

外観上で変化を感じる程、膨張している場合ですが

危険信号だと思ってください。

バッテリーに相当な負荷がかかってしまっている状態です。

この膨張により、画面が押し上げられてしまい

画面が剥離してしまったり、液晶が圧迫されてしまい

液晶がわれてしまう事もあります。

充電の仕方

残念ながら、劣化を避ける事はできません。

バッテリーにあまり負担をかけない充電方法ならあります。

・電池残量10%~20%で充電を開始する

・過充電を避ける

バッテリー残量が10~20%になったら充電を開始して

バッテリーが100%まで溜まったら、なるべく早く充電器を抜くだけなんですが

結構難しいです…(;’∀’)

まとめ

どの症状も出てしまうと困ってしまうものばかりですね…

なので、バッテリーの消耗や

いつもより充電の溜まりが遅い

外観等で何か少しでも違和感を感じたら

お近くの修理店に診てもらいましょう!

iPhoneの場合でiOS11.3以上の方は

設定→バッテリー→バッテリーの状態(ベータ)

これで最大容量を確認してみてください

最大容量が80%を下回っているようでしたら

バッテリーの変え時です!

そのまま使用していると、症状がでてしまうかもしれません。

そうなる前に、ご相談くださいね!(*^-^*)

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。