お役立ち情報
SCROLL DOWN

スマホが充電できない

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneが充電できない時は??主な原因とは??

iPhoneが充電できない理由

 

治らない

 

本日はiPhoneが充電できない理由を紹介していきます。

 

さっそくですが、

主には以下の4つです。

 

  1. 充電口の異常
  2. バッテリーの不具合
  3. 本体自体の経年劣化
  4. システムの不具合

 

基本的にはこの4点のどれかが考えられます。

症状によって特定できますので、

詳しく解説していきます。

 

充電コードがうまく挿さらない/充電が途切れる

 

充電コードがちゃんと奥まで入らなかったり、

コードの反応はあっても充電が途切れるといった場合。

 

こういうケースでは充電口に異常があると考えられます。

 

スマホの充電口は消耗品です。

使えば使うほど劣化が進むもの。

 

急に反応が悪くなったり、

そもそも反応がなくなったりするのはよくあります。

 

なので珍しいことではありません。

 

スマホが充電ができない時の対処法

 

この場合の対処法は主に以下の2つ。

 

  1. 充電口を掃除する
  2. 充電口を交換する

 

充電口にホコリが詰まっていると、

ケーブルを挿しても反応が悪くなったりします。

 

気づかないうちにホコリが溜まっているかも?

特に一度も掃除した事がない方は要チェックです。

もしかしたらがっつりホコリが詰まっているのかも知れません。

 

充電口を覗いてみて、

ホコリが詰まってそうなら掃除してみてください。

 

つまようじなどを突っ込んで、

繰り返し掘り起こしていけば次第に綺麗になります。

 

とても簡単ですし、よほど乱暴にやらない限りはリスクが低いです。

ぜひやってみてください。

 

それでも症状が改善しない場合は充電口の交換が必要です。

修理しないと直らないので、ぜひ当店にご相談を。

 

お使いの機種によりますが、

長くとも2時間以内には完了できます。

 

充電マークは出るがホーム画面にいかない

 

充電マークは出るものの、

ホーム画面に進む気配がない……。

 

そんな場合はバッテリーの不具合が考えられます。

 

特に同じiPhoneを2年以上使っている人は要注意!

バッテリーが劣化している可能性大です、

 

スマホの電池は日に日に劣化するものです。

2年以上経つとそれが顕著になり、

いろんな症状が出てきます。

 

劣化したバッテリーを復元できないため、

やはり交換が必要です。

 

自己修理も良いですがなかなかリスキーです。

ぜひ当店にご相談ください。

最短15分で修理可能。

 

本体自体の寿命・システムの不具合

スマホは2年を目安に作られているので2年以上使っていると何かしらの不具合などが出始めます。

その一つが充電関連の症状で充電を溜める機能や充電する機能が失われることがあります。

なのでパーツの交換などで改善しない場合は機種変更して頂くのが最善です!

 

システムの不具合に関しては、最近iPhone12シリーズが充電できなくなったという症状が多く

お問い合わせも増えています!!

基本的には再起動やシステムの更新・初期化で改善しているのでパーツの故障ではなく

不具合として出ているのでお客様自身でも改善できる可能性があります!

 

 

iPhoneの修理ならスマホスピタルにお任せください

 

今回ご紹介した以外にも、

当店では様々なトラブルを解決できます。

 

充電回りはもちろん、

画面修理や水没復旧修理までその内容はさまざま。

 

気になることがありましたらぜひご連絡ください。

それではスタッフ一同お待ちいたしております。

 

Switch
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。