iPhoneのジャンク品の使い道は修理or買取?なぜ売れる?

ジャンク品のiPhoneには、どのような使い道があるのでしょうか。 ひとつは買取です。ジャンク品だから買い取ってもらえないと思っている方が多いかもしれませんが、実はジャンク品でも買取は可能です。また、修理して使うのもひとつの方法でしょう。どちらを選ぶかは、あなたの考え方や目的によって決めることが大切です。 ところで、なぜジャンク品は買い取ってもらえるのでしょうか。ここでは、iPhoneのジャンク品の使い道と売れる理由について詳しく紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

iPhoneのジャンク品の使い道。修理と買取の場合

iPhoneのジャンク品は、間違っても捨てないことが大切です。まずは、iPhoneのジャンク品の使い道について、修理と買取のそれぞれの方法を詳しくみていきましょう。

修理して別の用途で使用する

ジャンク品のiPhoneを使いたい理由があるなら、修理を選びましょう。

iPhoneには格安SIMを挿入して使ったり、Wi-Fi接続で2台目のスマホとして使ったりするなどの使い道があります。iPhoneを売却した後に使い道を思いつくと、売却したことを後悔するかもしれません。さまざまな使い道があるので、事前にチェックしておきましょう。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

もし、ゲーム用に使いたいと考えているiPhoneが古い機種である場合は注意が必要です。修理して使い続けるにしても、新しいゲームや大容量のアプリを利用できない可能性があるからです。

また、最新のiOSにバージョンアップできなくなった古い機種はセキュリティ面で不安があるので、修理よりも買取依頼をおすすめします。

修理費用は必要

当然、修理することで費用はかかりますが、買い替えるよりも安くiPhoneを使い続けることができます。ただし、修理箇所が多いジャンク品だった場合は修理費用が高くなるため、割に合わないこともあるでしょう。この場合は、どうしても使い続けたい理由がない限り、買い替えをおすすめします。

データのバックアップを取る

修理して使用するときに注意したいのが、データのバックアップです。アップルストアなどの正規店の場合は修理時にデータを消去されるので、バックアップは必須です。街のスマホ修理店(非正規店)の場合は、修理時に内部データを残したまま修理してもらえることが多いので、今までのデータを保持したまま使い続けることが可能です。ただし、経年しているiPhoneであることや不慮の事故に備えて、修理前にバックアップは取っておきましょう。

iPhoneのバックアップ方法について詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

どこに修理依頼するか

次に、修理の依頼先についてです。アップルストアなどの正規店と非正規店のどちらに依頼するかは慎重に決めましょう。非正規店に修理を依頼すると改造品扱いになるため、メーカー保証がなくなる可能性があります。メーカー保証がある場合は正規店を、メーカー保証がないもしくはメーカー保証が切れているのなら、非正規店で修理をすると良いでしょう。

買取に出して新しいスマホの資金にする

ジャンク品は買い取ってもらえると説明しましたが、大手携帯キャリアではジャンク品を下取りしてもらえない可能性があります。とくに、古い機種を下取りしてもらうことは難しいでしょう。しかし、中古スマートフォン買取店などのデジタル機器を買取する業者であれば、大手携帯キャリアが下取りできないようなジャンク品でも買い取ってくれる可能性があります。

たとえば、機種が古いiPhone、水没、画面割れ、バッテリー膨張、電源が入らない、付属品無し、純正品でないパーツで修理済みのiPhoneなどでも買い取ってくれる店は多くあります。ただし、買取条件は業者によって異なるため、事前の確認が必要です。メールや電話で問い合わせても良いですが、詳しい状態を確認してもらうには、店舗へ持ち込む方が良いでしょう。

目次へ

iPhoneのジャンク品を買取してもらう方法と注意点

iPhoneのジャンク品を買い取ってもらう方法と注意点について、詳しくみていきましょう。

フリマアプリやネットオークションに出品する

フリマアプリやネットオークションに出品するのもひとつの方法です。

フリマアプリではあなた自身で自由に値段をつけられるので、うまくいけば高額で購入してもらえるかもしれません。ただし必ず売れるとは限らないので、場合によっては値下げを検討する必要があります。

ネットオークションの場合は最低落札価格を決めて出品し、最も高額で入札した人物が購入できる仕組みです。うまくいけば高額で落札されますが、最低落札価格でしか落札されない可能性もあります。とはいえ、ネットオークションは一見落札されないようなジャンク品でも早い段階で入札されるケースもあるため、試してみるのも良いでしょう。

ただし、出品や落札者とのやり取り、梱包や発送などが面倒かもしれません。さらに、悪質な購入者や落札者の場合、トラブルになる恐れもあります。

このようなメリットとデメリットを踏まえて、フリマアプリやネットオークションを利用するかどうかを決めましょう。

買取してもらう

中古スマートフォン買取店へ査定に出して、買い取ってもらう方法もあります。希望額より低い値段になる可能性がありますが、買取を拒否されにくいため、少額でも良いから換金したいという場合におすすめです。

買取店によって査定額が異なるため、複数の店に査定に出すと良いでしょう。その際に、他にいくつか査定に出していることを伝えると、高めの値段で買い取ってくれる可能性があります。

また、買取を依頼することで、中古スマホの購入に使えるクーポン券をもらえたり、割引を適用してもらえたりする場合もあるので、店ごとにキャンペーン情報を確認しておきましょう。

査定額がアップするかもしれないポイント

ジャンク品でも、査定額をアップしてもらえる場合があります。

たとえば、iPhoneの付属品が欠品していない場合は、査定額が高めになります。付属品は、イヤホンや充電器、取り扱い説明書、箱などです。

画面や背面、側面などに傷がついていない場合も高値で買い取ってもらえる可能性があるでしょう。傷が少ないほど見た目が良いため、買い取ったiPhoneを売りに出したとき、早く売れる可能性があるからです。

また、一般に流通している数が少ない珍しい色のiPhoneも査定額がアップするかもしれません。ただし、流通している数が少なくても、人気がなければ査定額は高くなりません。

iPhoneを買取に出すときの注意点

iPhoneを買取に出すときは、いくつかの注意点を守る必要があります。まず、iPhoneを分割払いで購入していた場合は、完済しなければなりません。残債のあるiPhoneは赤ロムと呼ばれており、買い取ってもらえないか、買取額が非常に低くなります。

たとえば、対象のiPhoneの持ち主が返済を延滞した場合、iPhoneにネットワーク制限がかかります。そうなれば、iPhoneをスマホ買取店から購入した人物に多大な迷惑がかかるでしょう。また、販売したスマホ買取店は、赤ロム保証というネットワーク制限がかかったときに別の端末に交換や返金などをする保証をつけなければなりません。このような理由から、残債のあるiPhoneの買取価格は非常に低くなっています。

このほかに買取時にしておく作業が、アクティベーションロックの解除と初期化です。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

目次へ

iPhoneのジャンク品が売れる理由。どんな使い道がある?

iPhoneのジャンク品が売れる理由は、修理して販売したり、正常な部品を取り出して修理用にストックしたりできるからです。そのため、修理業者・中古スマートフォン買取業者や自分で修理して使いたい人、修理したものを転売したい人、修理用の部品を入手したい人にとって価値があるのです。

また、iPhoneの修理方法を学びたい人の練習機になる場合もあります。

目次へ

修理も買取もスマホ修理の専門店へ

iPhoneの修理・買取は、スマホ修理専門店のスマホスピタルにご相談ください。古いiPhoneから故障したものまで広く修理対応しております。また、内部データを残しておきたい場合には、他端末へのデータ移行も可能です。

買取時には、運転免許証や保険証、パスポートなどが必要です。スマホスピタルや買取についての詳しい情報は、ウェブサイトをご覧ください。

目次へ

まとめ

ジャンク品のiPhoneを修理するときは、修理が可能かどうか、修理するメリットはあるのかなど、さまざまなことを考慮しましょう。2台目スマホやカメラなどとして使う予定がない場合は、買取に出すことをおすすめします。

買取時には、必ず分割払いの残債を残さないようにしましょう。ジャンク品であっても、傷が少なく付属品がそろっているものは査定額アップが期待できます。

目次へ