スマホの疑問イメージ

iPhoneのパスコードを忘れてしまった!解除は可能?

iPhoneのパスコードを忘れてしまった際、どのような対処方法があるのでしょうか?今回はiPhoneのパスコードを忘れてしまったら解除は可能なのかご紹介します。


パスコードを忘れてしまった場合、必ず初期化が必要!

スマホの疑問イメージ

iPhoneのロックパスコードを忘れてしまった場合、外部から解除することはできません、必ず本体の初期化が必要になります。

iPhoneのロック解除について

iPhoneはロックを解除する方法として指紋認証のTouch IDと、顔認証のFace ID、パスコードの3種類があります。
しかし、パスコードはiPhoneにロックを設定している人であれば必ず設定しなければならないものになりますが、多くの人が指を置くだけ、画面を見るだけのTouch IDとFace IDを使っていると思います。
そうなると、忘れられていく解除方法がパスコードです。
しかしそのパスコードを忘れてしまうと取り返しのつかないことになってしまいます!
なので、パスコードは必ず覚えておくようにしましょう!

パスコードを忘れてしまったときの本体の初期化方法

もしもiPhoneのパスコードを忘れてしまった場合は、冒頭でも述べたように必ず本体の初期化が必要になります。
初期化するためにも条件があります。
Apple IDとそのパスワードを覚えていること、そしてiPhoneを探す機能がONになっていることが必要です。
この2つの条件を満たしている場合はパソコンなどに接続しなくても他のiOS製品から簡単に初期化することが可能です。

Apple IDとそのパスワードだけを覚えている

iPhoneを探す機能をONにしていない場合は、iPhoneをリカバリーモードにして、パソコンに接続してiTunesからの初期化をすることができます。
リカバリーモードの方法は下記のApple公式サイトをご確認ください。
Apple公式サイト iPhone のパスコードを忘れた場合

Apple IDとそのパスワードのどちらかしか覚えていない、もしくは覚えていない場合

どちらか、もしくはどちらとも忘れてしまった場合、Apple公式サイトでIDの確認、パスワードの変更をすることが可能です。

Apple公式サイト Apple IDを忘れた場合

Apple公式サイト Apple IDのパスワードを覚えていない場合

もしもパスコードを忘れたときのために!

冒頭でも説明しましたが、iPhoneのパスコードを忘れてしまった場合、必ず初期化が必要になります。
大事なデータが中に入っているからパスコードを解除したいと思った場合でも忘れてしまうと解除する方法はありません。
パスコードを忘れないことが一番重要ですが、もしもの備えも必要です。

いつでも初期化ができるようにApple IDとパスワードは覚えておく。

初期化するにしても、方法はさまざまですがiPhone以外の端末を使わなくても初期化するためには、Apple IDとパスワードが必要になってきます。
そもそも初期化が出来なければバックアップを取っていっても復元することはできません。
使う機会の少ないApple IDとパスワードですがもしもなにかあったときには必要になるので覚えておきましょう!

大事なデータがある場合は、こまめにバックアップを取る。

初期化できても今までのデータがすべてなくなってしまうのはとても不便です。
そうならないようにバックアップはこまめにとるようにしましょう!

iCloudでの自動バックアップもおすすめ

パソコンでのバックアップがよくわからない、パソコンを持っていないという人は、iCloudでの自動バックアップもおすすめです。
無料で使える容量は決まっているので、データが多い場合だと有料になってしまいますが便利なので一考の価値はあります。
この機能は新しいiPhoneに買い替えたりしたときもiPhone1台でデータ移行もできるのでメリットは多くあります。

まとめ

iPhoneのパスコードを忘れてしまうと必ず初期化する必要があることはわかっていただけたと思います。
忘れてしまっても大丈夫なように備えはしっかりしておきましょう。
Apple IDは普段使っているメールアドレスなどを設定しておくとわすれることも少なくなると思いますが、パスワードに関しては大文字が必要で、他のパスワードは小文字だけでもいいものが多いため忘れやすいというような声も多く聞くため注意して設定し、覚えておくといいかもしれませんね。
もし忘れたなと思っても普段使っているパスワードの最初の文字が大文字などに設定しているかもしれませんので試してみてもいいのではないでしょうか。

目次へ