バッテリーが膨張したiPhoneでも買取可能!

iPhoneのバッテリーが膨張している場合、故障と判断されて買い取ってもらえないと思っている方もいるでしょう。逆に、バッテリーはiPhone本体ではないため、問題なく買い取ってもらえると思う方もいますよね。 ここでは、バッテリーが膨張したiPhoneの買取は可能かどうかについて、バッテリーの膨張の原因や危険性とあわせて詳しくご紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

バッテリーが膨張したiPhoneでも買取が可能なのか?

iPhoneの売却を検討している方は、バッテリーが膨張したiPhoneでも買取が可能なのか気になりますよね。バッテリーが膨張したiPhoneは買取可能なのかどうか詳しくみていきましょう。

バッテリーの膨張したiPhoneは買取可能?

結論からいうと、バッテリーの膨張したiPhoneの買取は可能です。

ただし、買い取っているところと買い取っていないところがあります。買い取られたiPhoneは中古スマホとして販売されますが、膨張したバッテリーをそのまま使用することはできません。

そのため、店側が買い取ったiPhoneのバッテリーを交換してから中古販売するのです。つまり、店側のコストが高くなり、利益が低くなります。そのため、バッテリーが膨張したiPhoneの買取を拒否している店もあります。

一部の店では、ジャンク品としてiPhoneを買い取っています。分解してパーツをリユースしたり、バッテリーを交換して中古スマホとして販売したりしていることが特徴です。買取価格は安くなりますが、iPhoneの状態がよければ予想以上の価格での買取ができる可能性もあります。

バッテリー膨張したiPhoneでも買取可能なスマホスピタル

バッテリーが膨張したiPhoneの買取をご希望の方は、スマホスピタルにご相談ください。当社では、バッテリーが膨張したiPhoneの買取が可能です。また、買取の代金はその場で現金手渡しですので、iPhoneをすぐにお金に換えたい方のご要望にお応えできます。

スマホスピタルは、全国に店舗があるため、バッテリーの膨張が気になったときにすぐ持ち込んでいただけます。

明瞭な買取価格の提示を徹底しており、不当に料金を値引きするといったことはございません。また、安心安全なサービスを提供する「総務省登録修理業者」のため、安心してiPhoneの買取をご依頼いただけます。

買取だけではなく、バッテリーの交換も可能ですので、引き続きiPhoneを使用されたい場合もお気軽にご相談ください。もちろん、粗悪品のバッテリーは一切使用しておりません。

目次へ

バッテリーが膨張する原因

そもそも、バッテリーが膨張する原因をご存知でしょうか。原因を知り、適切に対処することで、バッテリーの膨張を防げる可能性があります。

iPhoneのバッテリーが膨張する原因は次のとおりです。

経年劣化でiPhoneバッテリーは膨張してしまう

iPhoneのバッテリーが膨張する主な原因は、経年劣化です。経年劣化とは、時間の経過とともに品質が劣化していくこと。バッテリーが経年劣化すると、内部の電解液が酸化することでガスが発生し、バッテリーが膨張します。

電解液とは、電気を運ぶ性質がある液体のことで、充電によって電気をため込んでiPhoneへと供給します。電解液は繰り返し使用できますが、永久に使用できるわけではありません。次第に酸化してガスを発生させるのです。

バッテリーは密封されているため、発生したガスは行き場を失い、バッテリーを膨張させます。つまり、膨張したバッテリーの内部はガスで満たされているのです。

ガスが外部に漏れることはないとされていますが、経年劣化したバッテリーを使用し続けると漏れる恐れがあります。

そもそも、バッテリーが膨張すること自体が問題だと感じる方もいるのではないでしょうか。

iPhoneに採用されているリチウムイオンバッテリーは、短時間で充電できることが特徴です。寝る前に充電し忘れていた場合でも、朝起きてから充電すれば外出に間に合うこともあるでしょう。このようなメリットがある反面、仕組み上どうしても経年劣化で膨張してしまうのです。

バッテリーの劣化を引き起こす原因

バッテリーは経年劣化するものですが、次のような原因で劣化が加速します。

・適正温度を超えた状態での連続使用
・充電100%の状態で充電し続ける
・充電器につないだまま使用する
・純正品以外のケーブルで充電する

iPhoneのバッテリーは、500回ものフル充電をしても、最大80%の容量を維持できるよう設計されています。非常に長持ちする印象があるかもしれませんが、1日1回フル充電する場合は、2年ももたないことになるのです。

バッテリーの劣化が加速すれば、さらに早い段階でバッテリーの膨張が起こります。注意したいのは、真夏にiPhoneを社内に置きっぱなしにしたり、ポケットに入れて持ち歩いたりすることです。身体に密着していると放熱できなくなるため、バッテリーに大きな負荷がかかります。

リチウムイオンバッテリーの電解液に含まれるリチウムは、60℃で発火します。車内に放置したiPhoneが直射日光を受けると、簡単に60℃に達するでしょう。思っている以上に、リチウムイオンバッテリーは発火しやすいことを覚えておくことが大切です。

バッテリー劣化についてはこちらの記事でも解説しています。
「スマホのバッテリー劣化を早めてしまう使い方とは…」

目次へ

バッテリーが膨張したiPhoneを早く手放した方が良い理由

バッテリーが膨張したiPhoneは、できるだけ早く手放しましょう。そのまま使用すると、次のようなトラブルが起こる恐れがあります。

①画面パネルを押し上げてしまう

バッテリーが膨張すると、画面パネルが押し上げられてしまいます。そうすると、画面パネルと本体の間に隙間ができて、ゴミやほこりなどの異物が入り込んだり、ホームボタンの接触が悪くなったりします。これは、「画面浮き」と呼ばれるよくあるトラブルの1つです。

異物が混入したり、ホームボタンの接触が悪くなったりすると、iPhoneが動かなくなったり特定の操作ができなくなったりします。多額の修理費用がかかるため、バッテリーの膨張を放置しないことが大切です。

また、画面浮きが起きたiPhoneは、バッテリーが膨張したiPhoneよりも買取が難しくなります。これは、画面浮きを修理することで、買取店の利益が少なくなるためです。そうなる前に、iPhoneを買取に出すことをおすすめします。

②発火や爆発などの原因となってしまう

iPhoneのバッテリーの膨張を放置すると、爆発や感電、ショート、異臭、発煙などのトラブルが起こるリスクが高まります。これは、バッテリーの膨張でiPhoneの精密部分が露出するためです。水やほこりが侵入したり、静電気が発生したりすることで、さまざまなトラブルが起こる恐れがあります。

膨張したバッテリーを押し込むなど間違った対処をすると、発火や爆発などの大きなトラブルが起こる恐れもあるため、専門家に修理を任せることが大切です。よくあるのが、iPhoneが発熱したからといって、冷蔵庫に入れること。バッテリーだけではなく、iPhoneそのものも劣化させるため、絶対にしないでください。

iPhoneのバッテリーが膨張すると、丸ごと交換が必要になると思い、なかなか修理店に持ち込めない方もいるでしょう。バッテリーが膨張しても、画面浮きなどのトラブルが起きていなければ、バッテリー交換だけで済みます。修理費用も抑えられるので、できるだけ早く修理店に持ち込むことが大切です。

目次へ

まとめ

iPhoneのバッテリーが膨張した場合は、できるだけ早く修理に出すか、買取を依頼することが大切です。

そのまま使用し続けると、爆発や感電、ショート、異臭、発煙などのトラブルが起こる恐れがあります。

また、画面浮きが起きてからでは買取が難しくなることにも注意が必要です。普段から、過充電や純正品のケーブル以外での充電は避け、劣化させないようにしてください。また、膨張したiPhoneの買取は、信頼できる店に依頼しましょう。

目次へ