iPhone7の画面割れ!安く早く安全に修理できる方法は

「あっ」と気づいたときにはもう遅く、iPhone7が落ちていった、という経験はかなり多くの人がしていると思います。恐る恐る拾い上げて画面を確認する作業、本当にドキドキしますよね。 当たり所がよくて運よく割れていないこともありますが、派手に画面割れを起こしていた場合、の絶望たるや、、、 iPhone7の画面割れ、いったいどのように対処すればよいのでしょうか。安く早く、しかも安全に修理できる方法があるのか、今回はiPhone7の画面割れへの対処法をご紹介します。


この記事は約6分で読み終わります。

iPhone7の画面割れはどこで修理すべきか

「画面が割れちゃった!」というときに、iPhone7の画面割れはどこで修理すべきなのでしょうか。

Apple Storeの費用はどれくらいなの?

まずは修理の定番、Apple Storeについて見てみましょう。費用は、AppleCare+の保証に入っている人は3,400 円、保証に入っていない対象外の人は19,400 円とその差は大きいです。AppleCare+の保証を断る人も多いですが、何かあったときのためには入っておいた方が良さそうですね。

修理期間は、即日対応できる場合とできない場合があり、できない場合は多くの日数を要します。休日で混んでいたり、パーツが取り寄せになったりする場合が多いので、即日対応は難しいでしょう。

Appleストアに依頼するメリットは、料金体系が明確で予算を用意しやすいことと、予約が可能であることです。修理する前に金額が分かっているので、どれぐらいお金を用意しておいたら良いかも分かりやすいのはうれしいですね。

また、予約も可能なので、待ち時間などで時間を無駄にすることもありません。一方でデメリットとしては、正規のパーツや修理方法を使用するため料金が割高になることと、日数がかかる場合があるということです。
Apple製品は基本的に高価でパーツも高価なものを使用しているため、料金や手数料が割高になってしまいます。また、ユーザーも多いので修理依頼も多く、修理に日数がかかってしまうのです。

キャリアショップの費用はどれくらいなの?

次にキャリアショップでの修理費用について見てみましょう。費用はAppleと同じくらいの費用を設定しているところが多いです。キャリアショップなので、製造元であるAppleと差をつけないようにしているのでしょうか。

また、修理期間についても、1週間前後とAppleと同じです。即日の返却は難しいと思っておいた方が良いでしょう。キャリアショップに依頼するメリットとしては、Appleストアと同じく料金が明確であることです。

予めしっかりした料金体系が用意されているので、いくらかかるかがよく分かります。一方でデメリットは、修理に日数がかかることと、店舗内で待たされる可能性があるということです。待ちの時間が多く、無駄な時間を過ごしてしまうかもしれません。

修理店の費用はどれくらいなの?

次に一般の修理店の費用について見てみましょう。費用は5,000~6,000円前後のところが多く、AppleCare+よりは高いものの、大差はなく、比較的修理に出しやすい金額であるといえます。修理期間は最短20分~でほとんどの場合が即日で対応してくれます。

修理店に依頼するメリットは料金が安く、その場で対応してくれる場合もあることです。即日で返却してもらえることもあるため、急いでいる人にはぴったりですね。

スマホスピタルでも、早くて安い対応を心がけており、急いでいる人にはぴったりのサービスを取り揃えています。

一方でデメリットは、正規店での修理やメーカー保証が受けられなくなる可能性があることです。正規店以外で修理したものは、改造品扱いにされるので、今後、一切正規店での修理が受けられず、下取り等にも対応してもらえなくなってしまうのです。この点には注意しましょう。

目次へ

iPhone7の画面割れで修理に出す前に

iPhone7の画面割れで修理に出す前には何をすべきなのでしょうか。

まずは状況の確認をしよう

軽度割れの場合、ヒビが入っただけでガラス交換のみで修理できます。また、中度割れの場合、内部が見えているなどでガラスと液晶の交換が必要になることも。

さらに、重度割れの場合、押し潰された、フレームの変形などでこれもガラスと液晶の交換が必要になります。「これはかなり重症だな」と思われる場合でも修理できる可能性が高いので、あきらめずに修理店に持っていきましょう。

修理に出す前にやっておくべきこと

iPhoneには、iPhoneをなくしてしまったときに、その位置を特定し、悪用を防ぐために遠隔操作でロックをかける「iPhoneを探す」という機能がついています。この機能をオフにしておかないと修理してくれません。

また、バックアップを取っておくことも大切です。そもそも、修理前だけではなく、通常はバックアップを定期的に取っておくことを公式が推奨しているため、できればこまめにバックアップを取っておきましょう。

バックアップを取っておかないと、修理のときにデータが損失してしまう恐れがあります。しかし、スマホスピタルでは、基本的に破損したパーツのみの交換で済むため、データもそのままでパーツ交換ができるといううれしいメリットも得ることができるのです。

もし、ロック画面の画像やその他の情報を見られたくない場合は、バックアップを確認した上でリセットをしておくと安心です。

目次へ

iPhone7の画面割れ!注意点をご紹介

iPhone7の画面割れした際の注意点をご紹介します。

iPhone7の画面割れを自分で修理

実は、画面割れは自分で修理をすることも可能ですが、大きなデメリットもあります。たとえば、万が一修理に失敗したときに起動しなくなる恐れがあることです。iPhoneの中身は精密機械なので、取り扱いを間違えると完全に壊れてしまいます。中をいじるのは経験者か慣れている人だけにするのが賢明です。

他にも、パーツの購入をしなければならないことや、一旦取り外したパーツを無くしてしまうことも考えられます。せっかく購入したパーツが合わなかったり、非常に細かいパーツばかりなのでうっかり無くしてしまったりすると、iPhoneの修理ができなくなり、起動することすら難しくなってしまうのです。

そうなってしまうと、iPhoneを新たに購入しなければならず、時間とお金がさらにかかってしまうことに。自分で修理するのは避けた方が良さそうですね。

iPhone7の画面割れを放置

割れたiPhoneを「修理するのも交換するのも面倒だ」と言って画面割れしたまま使っている人もたくさん見かけますよね。

実は、画面割れを放置するのは大変危険です。ガラスの細かい破片が落ちてきて指先や耳をケガする恐れがあります。iPhoneの画面のガラスは非常に細かく砕けるので、注意が必要です。

また、放置していると液晶不良を起こすこともあります。液晶がうまく映らなくなったり、へこんでしまったりとトラブルの元になるため、画面が割れたらすぐに修理に出しましょう。

スマホスピタルは、基本データがそのまま残るのでバックアップが面倒な人でも思い立ったらすぐにお店に来ていただければOKです。

画面割れの程度によりますが、正規店よりもお待たせせずに早く安く仕上げることができます。時間や費用がかかるのが嫌だという人も、スマホスピタルならご安心いただけます。

目次へ

まとめ

さて、iPhone7の画面割れの対処法についてご紹介しました。iPhoneの画面割れは放置せずに、正規店や修理店にすぐに持っていきましょう。

時間もお金もかけたくない!いますぐなおしたいという人は、スマホスピタルへお越しください。早く安く安全に修理できるので、高い満足度をご実感いただけることでしょう。自分で修理したり放置したりする前に、まずは、お気軽にスマホスピタルへご相談くださいね。

目次へ