お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 アイフォンのカメラが真っ黒で映らない?

今回はアイフォンのカメラが真っ黒で映らない症状についてご紹介いたします。

アイフォンのカメラは、非常に高性能で、美しい写真が撮影できることもシリーズの魅力となっています。

SNSなどに写真を投稿したり、QRコードを読み取ったり、日常のさまざまなシーンにおいて

スマートフォンのカメラを使うことは多くなっています。

しかし、カメラは繊細な部品でもあります。

落下や水没などで本体にダメージがあったとき、壊れてしまうことも少なくありません。

故障の症状はさまざまですが、最も重大なのが真っ黒になって何も映らないという状態です。

軽い症状であれば、近くや遠くの特定の距離に対するピントが合わなかったり、

ライトなどの光が正常でない映り方をするようになったりなど、

正常ではないとはいえ、カメラ自体は使えるという状態もあります。

カメラが真っ暗の状態で何も映らないとなると、

そういった最低限の動作すらも行えない状態になっています。

こういった場合の多くは、カメラ部品の取り換えにて修理が可能です。

残念ながら故障してしまった部品そのものを直すことはできませんが、

新しいカメラに置き換えることでまた写真が撮れるように修理できます。

ただし、水没など本体の重大なダメージがある場合には部品交換を行っても改善できないこともあります。

まずは普段から、アイフォンを落としたりしないように気を付けることが大切です。

また、カメラの故障ではなく、システムやプログラムの一時的な不具合といったこともあります。

一度カメラアプリを終了させてからもう一度起動してみたり、

アイフォンを再起動させることで映るようになる場合もございますので、

カメラが真っ暗になってしまったときはお試しください。

アイフォンにはフロントカメラ(前面カメラ)とバックカメラ(背面カメラ)がありますが

当店ではそのどちらも修理に対応しておりますので、お気軽にご相談ください!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。