お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 【ドックコネクター修理】充電できないiPhoneの修理

今回はiPhoneが充電できなくなってしまったときの修理についてご紹介します。

 

5以降の機種では、充電・通信にLightning(ライトニング)ケーブルを使います。

コンセントにつないで充電したり、パソコンと接続して同期したりなど

iPhoneを使っているとなくてはならないものです。

このケーブルですが、使っているうちに断線してしまった!ということがあります。

長年アイフォンを使い続けている方であれば、ケーブルが壊れてしまった経験のある方も少なくないかもしれません。

ケーブルが断線してしまうのは、充電しながら使用したり、

端子の根元を強く曲げたりなどでケーブルに負荷がかかることが原因となることがほとんどです。

充電中はできるだけ触らない事や、ケーブルを無理に曲げないで充電すると長持ちするかと思います。

 

ケーブルが断線して充電できないときは、それを買いなおすだけなので単純です。

しかし、新しい充電ケーブルに買い替えたのに充電ができないといったご相談をいただくこともあります。

その場合の多くは、iPhoneの充電口(ドックコネクター)が故障してしまっていることが原因となっています。

充電するためには抜き差しを繰り返す必要がありますので、ケーブルとの擦れなどで

端子の接触が悪くなったり、中にゴミなどが入り込んでしまっている場合もあります。

充電ができずケーブルを認識しない場合は、iTunesを使ってバックアップをすることもできません。

残量が尽きて動かなくなってしまう前にデータだけでも取り出しておくことも、iCloud等に頼るしかなくなります。

普段からケーブルを挿してもぐらついていたり、反応がよくない場合はドックコネクターの故障の兆候かもしれません。

できるだけ早めにバックアップを作成しておくことで、万が一のときの備えにもなります。

 

当店では、アイフォンのドックコネクターの交換にも対応しております。

データそのまま・即日修理も可能な内容となっておりますので

充電ができなくなってしまったときもぜひご相談ください!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。