お役立ち情報

SCROLL DOWN
iPhoneの珍しい故障について

リンゴループの原因と対策

 

こんにちは、スマホスピタル名古屋栄店です。

今回は、iPhoneの故障の中でも誰しもがなってしまう可能性のある

リンゴループの症状について、考えられる原因や対策をご紹介いたします!

 

リンゴループってどんな故障?

 

リンゴループという呼び名はその症状からつけられました。

iOSデバイス以外でもこういった症状は起こることがあり、

ブートループ再起動ループと呼ばれることが多いみたいです。

つまり、正常に起動ができず再起動を繰り返してしまう状態のことです。

iPhoneやiPadなどのiOSデバイスでは、起動中の画面の中央にAppleロゴ(リンゴマーク)が表示されるので、

このリンゴマークがついたり消えたりしてずっとループしている症状に見えます。

このことからリンゴループと呼ばれるようになったみたいです。

 

リンゴループの原因は?

 

リンゴループの原因はひとつではなく、多くの可能性があります。

そのなかのいくつかをご紹介すると

バッテリーの劣化により電圧が不安定になっている場合

・システムの更新などが失敗し、iOSに問題が発生している場合

空き容量の不足などにより、読み込み不良が起こっている場合

本体基板の故障により、動作処理が正常に行われていない場合

などが考えられます。

 

リンゴループになってしまった時の対策は?

 

実際にリンゴループになってしまうと、非常に困った状態になります。

再起動を繰り返し続けて、ホーム画面にまでたどり着けないので、

電話をしたり、メッセージを確認したり、アプリの引継ぎ設定をすることもできません…

さらに、この状態からではバックアップを作成することも困難になってしまいます。

本体交換や機種変更ではデータが初期化されてしまうので、

症状が起こる前にバックアップをしていなければデータを失ってしまうことになります。

データが特に不要な場合は、メーカー修理などでも問題はありませんが、

バックアップしておらず、データを引継ぎたい場合にはそれらが使えないことになってしまいます。

しかし、バッテリーの交換や、システムの更新などで復旧できる場合もあります!

スマホスピタルでは、基本的にデータそのままでこれらの作業を行っております。

 

 リンゴループの防止策は?

 

リンゴループの症状は突然起こってしまうこともあるので、

100%未然に防ぐということは難しいと言えます。

しかし、起こりやすい状況というのはありますので、

そういった状態にしなければ危険を小さくできます。

容量不足になっている場合は、データを整理して空き容量を増やしたり、

iOSの更新をするときは、PCでiTunesを使って途中で中断されないようにしたり

日頃から気を付けておくことで回避しやすくなる症状です。

そして、万が一こういったトラブルに見舞われてしまった時も

最低限必要なものは残しておけるよう、データのバックアップをしておくことも大切です。

 

 


 

こんな症状も… (おすすめ記事)

突然リカバリーモードに?!

 


 

スマホスピタル名古屋栄店
〒460-0008
名古屋市中区栄三丁目9-10 アスカヰビル 3c号室

10時~21時(無休)
TEL:052-684-8626
Email:info@iphonerepair-sakae.com

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。