お役立ち情報

SCROLL DOWN
iPhoneの珍しい故障について

iPhoneがリカバリーモードから抜け出せない!! ループしてしまう原因とは!!

iOSの不具合を復旧させるリカバリーモード。
時には、何度も復旧とリカバリーモードを繰り返してしまう状態になってしまうそうです。
そうなってしまえば、スマートフォンとして期待している役割を十分に果たせなくなってしまいますよね。

何故、そのような状態に陥ってしまうかを知って、リカバリーモードに入ったら、その原因が発生しないように心がけてください。
今回は、リカバリーモードがループしてしまう原因についてお伝えします。

【iPhoneがリカバリーモードをループしてしまう原因】

データの更新中に電源、通信が切れてしまった場合、そのような状況に陥ってしまいます。
アップデート中に受信しているデータというのは、 iPhoneにとって非常に大切なものとなっています。
途中で電源、通信が切れてしまえば、データが不十分な状態で端末に残ってしまうのです。

必要なデータが十分に揃ってないため、通常起動ができず、リカバリーモードになってしまいます。
もし、リカバリーモードを解除できても、データが十分に保存されていなければ、再びリカバリーモードになってしまうでしょう。
アップデートをする際は、電源、通信ともに十分な環境で行うようにしてください。

今回は、リカバリーモードがループしてしまう原因についてご説明しました。
これ以外の原因でリカバリーモードを繰り返している場合は、 iPhoneの内部に異常が起きているかもしれません。
そのような場合は、販売店や修理店に持ち込んで、解決してもらってください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。