お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの珍しい故障について

スマホスピタルお役立ち情報 インカメ(フロントカメラ)が使えなくなった!同時に起こりうる故障をご紹介!

フロントカメラはたいていの場合画面上部、電話の際に耳にあてる部分の傍にあります。自撮り(セルフィー)には欠かせない、インカメラやインカメと呼ばれることもある部分ですが、iPhoneの場合他の機能を持った部品と繋がっていることがほとんどです。どのような部品と機能がフロントカメラと繋がっているのかをご紹介いたします。

近接センサー

お子様と遊んでいるときや、お友達とお喋りをしているときスマートフォンを耳にあてて「もしもし~」なんてしたことはありませんか。iPhoneを持ち上げた時に画面が点いて、頬でアプリを起動させてしまったなんて経験もあるかもしれません。ですが通話中に耳に当てても電話を切ってしまったり、スピーカー機能に切り替わったりしませんね。それがこの近接センサーの働きです。耳にあてる部分が陰になって隠れると画面を暗くして誤タッチを防いでくれます。この部分が故障すればもちろん通話中に誤タッチが起こってしまいます。顔から離せば当然その問題は無いのですが、手に持って耳だけあてた状態での通話というのは、私も経験がありますがなかなか疲れるものです。

環境光センサー

近接センサーに続く二つ目のセンサーです。周りの明るさによって画面も明るさを調整したり、自然な色味になるように調整したりといった機能に使われます。明るいところに出ても画面が暗くて見えにくい、いつもの照明で液晶画面の色が変わった気がするといった場合はこちらの故障の可能性があります。ただしこちらは設定や機種、また液晶パネルの品質によって動作しない機能もありますので合わせてご確認ください。

集音マイク

主に動画の撮影の際に音を収録するのに使われる部分です。普段通話などで使われる本体下部のマイクでももちろん収録はしていますが、広く全体的に音を拾うため下部のマイクにくらべて多くの音を拾いやすくなるかと考えられます。音量ボタン最大にしても録画したビデオの音声がなんだか小さい、という際はもしかしたらマイクの故障ということもあるかもしれません。

TrueDepthカメラ

こちらはiPhoneXから登場した主にFace IDの解除などに使われるカメラ機能になります。フロントカメラと赤外線カメラやその他センサーなど、複数の部品からなる機能です。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2020-09-14-15-38-16

写真の左側が液晶画面側で、上部についているのが各種センサーやマイク等、右側本体側上部には各種カメラが設置されています。iPhoneX以降の機種ではこのように部品としては別々のものであることが多いので、故障内容によって交換する部分が違ってくることもあります。ただしこれらのどれかが故障した場合はもちろん、画面修理などで移植したり別の部品と交換した場合にも、Face IDが一切使用できなくなるとお考え下さい。どこか一部のわずかな欠損で使えなくなってしまったり、また例えば盗難にあったiPhoneをFace IDで開けられないように防ぐ役割もあり、物理的にもセキュリティ的にも非常に繊細な部分ですね。

最後に

機種によって使える機能は異なってきますが、iPhoneのフロントカメラ周りにはおおよそ同じものが詰まっているということになります。インターネットであらゆる情報が集められる昨今ですので、ご自身で修理をお考えになる機会もあるかと思います。しかし、特に今回ご紹介したフロントカメラ部品は非常に繊細な部品です。取り返しのつかない状態になる前に、ぜひスマホスピタル埼玉川越店へご相談ください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。