お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone以外の修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPadもiPhone同様修理件数多数!お困りなら当店まで!【ガラス割れ】

当店はiPhoneやAndroidなどのスマートフォンからiPadやNexusなどの
タブレット、NintendoSwitchや3DSなどのゲーム機修理も承っております。
その中でもやはりiPhoneやSwitchは多いですが、
iPadの件数も劣らず多いです!

本日はそんなiPadの修理例をご紹介いたします。
今回はガラス交換についてです。

ipad修理前

かなり損傷が大きいですね!
割れている状態でiPadを分解するのは割れていないものと
比べてもかなり時間がかかります。

iPhoneの修理であればほとんどの場合で即日でお返し出来ます。
しかし、iPadではそうはいきません。
サイズが大きい分、実は画面を開けるのにも一苦労なんです!

iPhoneで画面を開けるとしたら充電口の左右にある
星の形をしたネジを外したらヘラを使って10秒もかからずに開けること
が出来るのですが、iPadは何十倍も時間がかかります。
大きな画面を固定するためにしっかりとしたつくりで、
とっても強力な粘着テープで画面と本体がくっついています。

 まず、ガラスを剥がすにはそもそも普通の状態では
粘着が硬すぎて画面の割れが広がるばかりで
まったく開けることは出来ません。

そのためiPadの修理では専用の加熱マット
温めて粘着を弱めます。
内側の液晶を傷つけないようにしながら
トランプカードを差し込んで粘着を切っていきます。

今回のiPadAirはガラスと液晶が別々のつくりのため
液晶まで影響が出ないように気を遣いながらの作業です。
無事にガラスを取ることが出来るとこのようになります。

液晶

黒い板が液晶ですね。これが画面を映してくれています。
液晶の四すみにあるネジを外して避難させます。
液晶に割れたガラスの破片が落ちたりしては絶対に
いけないので大事に扱います。
指紋が誤ってついたりしないようにも気を付けます。

そうしたら液晶の下にあるガラスと本体を繋いでいるコネクタの接続を外します。
ガラスにはタッチセンサーがあるのでそのためのものです。

ホームボタンも古いパネルから新しいガラスに移植しないといけませんね。

iPadホームボタン

こちらもガラス同様強力な粘着でくっついている為
温めて剥がしていきます。
剥がすと新しいものに移植していきます。

移植後

これで完了です。
あとは本体に残っているガラスの破片や粘着を掃除して
画面をはめるだけです!

修理後

汚れ1つない綺麗な画面に早変わりです!
iPhoneと違い即日でのお返しは出来ませんが
なるべく早くお客様のもとにきれいな状態でお返し
できるよう取り組んでまいります!

もし、iPadやXperiaタブレットなどでお困りでしたら
当店までお気軽にお問い合わせください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。