お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの機能

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneのデータバックアップ方法として

今回ご紹介させていただきますのは、

iPhoneのデータバックアップ方法をお伝えいたします。

 

スマホユーザーで多く使用されている端末になります。

新機種も1年に1回ペースで発売されていることから、

機種変更を検討されていらっしゃる方などで

データを移し替える方も多々いらっしゃることかと思います。

 

iPhoneのデータバックアップ方法としても

複数の方法がありますので今回は

それらをご紹介させていただきます。

 

・iCloudでのバックアップ方法

あらかじめ、iPhoneの機能で搭載されている

iCloud(アイクラウド)といったものがあります。

 

アイクラウドを用いてデータを抽出することで

無料分で5GBのデータを、最大で2TBのデータを

サーバー上に保存することができます。

 

アンドロイドの端末などについては、

SDカードを通じてバックアップを取る仕組みになっていますが

iPhoneに関してはSDカードを挿入することができないので

iCloudを使用するほかありません!

iPad

無料分のデータ容量になりますと、

すぐにいっぱいになってしまいます。

 

端末の使用状況に合わせて、

購入データを選んでいただくと

使用方法に合わせたバックアップを取ることができるかと思います。

 

・iTunesを介してバックアップを取る方法

パソコンを用いてiTunesを使って

バックアップを取ることも可能です。

 

iCloudとは違って、ピンポイントのデータだけを

抜き取るといったことができないので、基本的には

前端末に入っている中のデータをそのまま

新しい端末に移しこむといった流れになります。

 

メリットとしては、『暗号化』といったもので

新しい端末にデータを移すことになりますので、

中に入っているデータもほぼほぼ変わらずに

新しい端末に移すことができます。

 

デメリットとしては、容量が多い状態で

パソコンにバックアップを取ることが

できるかどうかといったことです。

 

パソコンの容量にも限界があるので

あまりに多いデータを取ることができないので要注意です。

 

当店スマホスピタル天王寺店では、

iPhoneのデータ移行対応も行っています。

 

古い端末から新しい端末へのデータ引継ぎや、

壊れてしまった端末から新しい端末への

移行対応もできたりします。

 

やり方がわからなかったり、

データの移行が困難な分でお悩みでしたら

一度、スマホスピタル天王寺店へお気軽にご相談ください!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。