お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの機能

スマホスピタルお役立ち情報 「iPhoneは使用できません」とは

iPhoneは使用できません。〇分後にやりなおしてください」という表示、見たことありませんか?

実はこの iPhoneは使用できません という警告はデータが全て消えてしまう危険がある状態です。

いざというときに対処法を知っておかないと、大切なデータを失ってしまいかねません。

今回はこの警告文について、どういったときに表示されるのか・どう対処すればいいのかご紹介します。

 

パスワードを連続で間違えると、この警告が出ることがある

 

iPhoneを使われている方の多くは、パスワードを設定されているかと思います。

基本的には、データを守るために設定するのがパスワードですが、

この設定こそがデータを消失させてしまう結果になってしまうこともあるのです。

それが起こってしまうのは、iPhoneが故障してうまくタッチできなくなったり、

番号を忘れてしまった等により正しいパスワードが入力できなくなったときです。

間違ったパスワードを連続して入力してしまうと、セキュリティによりiPhoneがロックされます。

このとき、「iPhoneは使用できません」と表示されます。

最初は1分間のロックですが、間違えた回数が多くなるほどロックされる時間も増えていき、

最終的には永久的にロックされてしまい、データを初期化するしかなくなってしまうのです。

 

 もしロックされてしまったら?

 

ではもしこの警告が出てきたとき、どうすればいいのでしょうか。

データを消さずに使えるようにしたり、バックアップするためには方法はひとつしかありません。

それは正しいパスワードを入力することです。

つまり、忘れてしまった時などはでたらめに思いつく限りやってみるのではなく、

できる限り最小の試行回数で解除できるようにしっかりと思い出すことが必要です。

本体の故障により、正しいパスワードは分かるのにタッチパネルが不具合を起こして

思うように操作ができず、間違った数字を押してしまう場合などには

その状態でパスワードを解除するのは諦めて、画面の修理をすることをおすすめいたします。

スマホスピタルでは画面修理ではデータそのままにて修理可能ですので、

直ってから確実に正しいパスワードを入力すればデータが消えてしまう心配もありません。

 

普段からのこまめなバックアップを!

 

先ほどのような対処法が使えればいいのですが、

中には完全に本体が故障して修理ができないケースや、

パスワードがどうしても思い出せないといったケースもあります。

一度消してしまったデータを取り戻すことは非常に難しいため、

そうなってしまってもバックアップから復元できるようにしておけば、

失ってしまうものも最小限で済みます。

そんなときのために、普段からこまめなバックアップをしておくことも重要です。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。