お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhoneの機能

スマホスピタルお役立ち情報 最新のiOS13が9月20日にリリースされました!不具合が多いようなのでまとめてみました。

2019年の9月20日に最新のiOS13がリリースされました。iPhoneは本体の性能は既に完成しているので変えることは出来ませんが、中で動かすアプリやシステムなどをアップデートすることで今使っているiPhoneの性能を向上することが出来ます。そしてこのアップデートは無料なのです!iPhoneを利用している方でWi-fi環境があれば簡単にアップデート出来ます。「じゃ直ぐに最新にした方がお得だね!」となるのが普通なのですが・・・このiOSのアップデートにはちょっとした罠が潜んでいます((+_+)) それはアップデートすると色々な不具合が出ることが非常に多い!ということです。今回はこのiOS13へのアップデートによって報告されている不具合をまとめてみましたので参考にしていただければと思います。

※けしてiOSアップデートを否定するものではなくアップデートするにあたっての注意としての報告です。

現在はiOS13.1.2までアップデートが進んでいます♪

 

□□□ iOS13にアップデート出来ない機種がある?! □□□

さて、最新のiOS13にアップデートしよう!と思っても対応していない機種があります。少し古い機種が対象になりますが今回はiPhone6Plusより古い機種がアップデート対象外となります。逆にアップデート対象機種はiPhone6s以降(iPhoneSEも対象)の機種が対象です。iPhone6sはアップデート出来ますがiPhone6はアップデート出来ません。Windowsパソコンなどでもアップデートが少しづつされてWindows7のサポートが終わるといったことがあるようにiPhoneでも同じようなことです。

 

□□□ iOS13アップデートに失敗した! □□□

非常に良くある事例ですのでみなさん気を付けてください!「なんだ、失敗しおただけか・・・」と思わないでください! これは最新のiOSにアップデートしている最中に何らかの要因によりアップデートが失敗しそれによりiPhone自体が使えなくなってしまうという不具合です((+_+)) 何らかの要因とはアップデート途中で電源が落ちた・ネット環境が切断した・不要な操作をしてしまった・iPhone自体の不具合(発熱など)などが考えられますが正確なことは私たちでは確認のしようがない状態です。この不具合は非常に恐ろしい限りですがiOSアップデートに時期になると必ず上がる不具合報告の1つです。対処方法は不明です、当店に問合せいただくこともありますが正規のアップルストアに問合せて確認するようにご案内するしか出来ない状態です、アップデート前には必ずバックアップは取っておきましょう♪

 

□□□ まとめ □□□

iOSリリース直後は不具合が多く報告されており昔から直ぐにアップデートはしない方がいい!などと言われています。しかりバックアップを取り最悪のケースを想定してサブ機などをお持ちの方が最新iOSにいち早く触れたいといった方がする分にはいいかもしれません。iPhoneが突然使えなくなると困りますのでiOSのアップデート直後は静観しそのiOSが何度かアップデートされたところでアップデートすれば無駄な不具合に襲われるリスクが減りますのでご検討してみてはいかがでしょうか♪

もしもデータのバックアップが出来ていないままでiPhoneのリンゴループやフリーズが起こると中のデータは取り出すことが難しくなりますので注意が必要です! iPhoneのデータ・LINEのトーク履歴などはなるべくこまめにバックアップするように心がけたいところです。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。