お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone水没修理について

スマホスピタルお役立ち情報 起きると困る故障のひとつ【水没】

あなたのiPhone、知らないうちに水没しているかもしれませんよ?

iPhone 水没 故障 データ 取り出し 復旧 京橋 長堀鶴見緑地線 大阪

普段iPhoneを水回りで使っている方いませんか?

例えばお風呂で使っていたりしませんか?

「iPhoneは防水だし。」や「防水のケースに入れているから。」と油断していると危険です。

確かにiPhoneは耐水機能を備えています。

ただ、注目してほしいのが「耐水」だという点ですね。

そうです、「防水」ではないんです。

しかも、生産国アメリカではお風呂はシャワーだけという考え。

湯船に浸かる文化に対応しているはずがありません。

それに、市販の防水ケースも品質によっては完全ではありません。

「ケースに入れているし大丈夫だろう。」と思っているとある日突然水没していて動かなくなるなんてことも。

では、今回はiPhoneを水に落してしまった際にどうすればいいのか、

また、気づかないうちに起こっている意外な水没について見ていこうと思います。

iPhoneを水に落としてしまった?

iPhoneってすごく便利ですよね。

何でも調べられて、ゲームも豊富にあってどれもおもしろいものばかり。

カメラの画質も綺麗で、電子決済まで出来てしまう。

いつどこでも常に持ち歩いてしまうものです。

お風呂、プール、川や海、あるいは、お料理中のお鍋の中にドボンなんてことも。

ただ、こういった状況でも意外と操作できてしまうのがiPhoneのすごいところです。

それもiPhoneに備わっている耐水性能のおかげですね!

そもそもこの耐水性能って一体何なんでしょう?防水とはどう違うのでしょうか?

耐水性能とは

Appleの日本語対応公式ホームページを見てみて下さい。

防塵、防沫、耐水を備えていると記載されています。

防塵や防沫はそのままの通り、

防塵:チリやごみから守ってくれる

防沫:水滴の飛沫から守ってくれる

という性能ですよね。

では、耐水とはなんでしょう。

防水とは違うのか?という疑問が浮かんできませんか?

そもそもの防水と耐水の定義ですが、

防水:外部から液体が侵入するのを防ぐ処理や加工を意味する

耐水:液体に対して変形や変質、破損等の影響がない

といったものになります。

すごく微妙なニュアンスですが、簡単に言うと、

耐水は液体が侵入するのを防ぐわけではないため、侵入すると故障する

ということです。

これは、勘違いされている方がかなりいらっしゃる問題なので気を付けたいですね。

水に落してから不具合が起きる場合

さて、実際にiPhone内への液体の侵入を許してしまった場合どうすればいいのでしょうか?

答えは簡単で、

もしまだ操作が出来る状態であれば、

まずはバックアップを取りましょう。

なるべく速やかに、iPhoneが操作で来ているうちにです。

「動いてるからいいや。」と放っておくとデータまで危ないですよ。

もし操作が出来ない、不安定、画面がつかないといった場合は、

Apple careなどの水没に対応した「保証サービス」に加入している場合はそちらにご相談を。

そうでない場合は、お近くの修理店へお急ぎください。もちろん、水没修理対応している店舗へです。

私たちが普段扱う生活用水には少なからず不純物が混入しています。

ジュースやその他の水以外の液体だと目に見えてわかりますよね。

そういった不純物が基盤に付着することでショートを起こしていることが原因の場合が多いです。

基盤を純粋な水(純水)で洗浄、その後乾燥させることで復旧できることがあります。

ただ復旧出来たからといって、完全に直った訳ではありません。

すぐにバックアップを取りましょう。

何度も言いますが、バックアップはとても大切な作業です。

水没の稀有な例

水に落すだけが水没じゃないです。

普段お風呂に持って入ってもない。

水に落したわけでもなく、ましてや水がかかった記憶もない。

なのになんで水没!?

これ、意外と多いんです。

では一体なぜこんなことが起きるのでしょうか?

魔法ではありません。

実は意外と簡単なことなのです。

汗による水没

えっ!汗?ってなりますよね。

 iPhone 水没 故障 データ 取り出し 復旧 京橋 長堀鶴見緑地線 大阪

普段iPhoneをどのようにしては持ち運んでますか?

昭和時代の肩掛け携帯ならまだしも、携帯電話が小型化した今はほとんどの人がポケットに入れていると思います。

夏場って汗かきませんか?

汗かかない人にはわかりませんが、汗っかきの人にとっては辛い夏。

ズボンやシャツのポケットにiPhoneを入れていると、

知らないうちに衣類にしみ込んだ汗によってiPhoneが水没させられていることに驚かされます。

汗による水没…。

夏が嫌いな人は余計に夏が嫌いになることでしょう。

 濡れ手にiPhone

濡れた手でiPhoneに触っていると水没する事があります。

iPhone 水没 故障 データ 取り出し 復旧 京橋 長堀鶴見緑地線 大阪

耐水なのに濡れた手で触るだけでも水没するの?ってなりますよね。

これはいろいろな要因も絡んでくるので一概には言えません。

もちろん新品の耐水性のあるiPhoneだと大丈夫でしょうが、

それも100%大丈夫と言い切れるまでの保証はできません。

画面が割れている場合はもちろん、

経年劣化によって耐水機能を兼ねているパーツが腐食していたりすることも原因となりえます。

いかなる状況に置いても、水の飛沫に気を付けるに越したことはないですね。

スマホスピタルにお任せください!

当店では、水没端末の復旧作業やデータの取り出し・移行も承っております。

※復旧作業自体はデータの取り出しが目的ですので、水没前のように完全に元通りになる訳ではございません。

大切なデータや思い出を守り抜くためにも、なにかあったらすぐにご相談ください!

また、当店では割引プランも多数ご用意しております。

お客様にあったプランが見つかるかもしれませんので、一度こちらからご確認ください。

それ以外の修理も受け付けておりますので、まずはご来店の上ご相談ください!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。