お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone水没修理について

スマホスピタルお役立ち情報 雨の中…水没iPhoneを復活させる方法!

最近、雨でiPhoneを水没させて修理に持ち込む方が増えています。

たかが雨で?と思われるかもしれませんが、iPhone6以前の機種は特に水に弱く、6s以降の機種に関しては水に強い作りになってはいるものの、やはり国産のアンドロイド機にはかなわないといったような印象です。
特に、内部の方、つまり基板側が水でやられなかったとしても、各種パーツは十分に単体で壊れる可能性はあるのです。

一番多いのが液晶画面の水漏れですね。
液晶とガラスの間に水が入り込むことによって、画面が水玉模様になってしまったりします。

このままでも操作ができてしまったりするのが怖いところなんですが、使えるからと言って使っていたら、内部の隙間の水が広がって基盤がショート、最悪データが飛んだり、バッテリーのショートによる発火事故の危険性も十分に起こり得ます。

ですので、水に落としてしまったらまずは慌てずに電源を切ってスマホスピタル鹿児島店へお持ち下さい!

ひとまず内部が水濡れしているかどうか検査し、水に濡れて居た場合はいち早く修理にとりかかります。
最短で二時間ほど、海水や洗剤などの薬品が混じった水の場合、復旧に1日掛けることもあります。

ちなみにネットなどで調べると、乾燥剤と一緒に密封袋に…なんて技がのっていますね。

あれはまぁ理にかなってはいるのですが、乾燥剤を知らずに石灰系のものなどを安易に使ってしまって発火したり(石灰は水に濡れると発熱します)、シリカゲル系の安全な乾燥剤を使ったとしても、直接iPhoneが埋もれるくらいの量を使わないと、逆に袋内部で蒸れてしまい故障を促進したりします。

水濡れの場合、ネットの知識に安易に頼るのではなく、当店にお持ちいただくのが1番安全な復旧方法と言えます。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。