お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone/iPadガラス・液晶交換について

スマホスピタルお役立ち情報 「有機ELパネル使用!」普通の液晶と何が違うんだろう…?iPhone修理店からの視点でお答えします!

最近iPhoneXシリーズの画面修理の持ち込みが途端に増えたように感じます。iPhoneX発売からもう3年経とうとしているので、発売当初から使用されている方は特にバッテリー交換しながら液晶交換をしながらここまで使い続けてきた、という方も少なくないかと思います。iPhoneXといえば、ホームボタン排除、機体に有機ELパネルの採用などiPhoneの歴史上でも多くの変化が見られ、当時耐久性や必要性など多くの意見を見た覚えがあります。そこで今回は有機ELと液晶画面はどういった違いがあるのかを、修理店なりの視点からご紹介したいと思います。

液晶パネルと有機ELパネルの違い

詳しい説明はこういった電子系のプロの方が載せているかと思いますので、ここではおおまかにご説明致します。液晶パネルがバックライトで画面全体を照らすことによって画面に色や形を映し出すものに対して、有機ELパネルだと多数のLEDライトが一つ一つ光ったり消えたりすることで色や形を表現しています。そのため特に違いとして言われるのが、黒色の表現でしょうか。有機ELの場合の黒はライトが完全に消えた状態で表現しますので、液晶パネルが照らして表現するのに比べて深い黒を表現できるようになります。

動画配信サービスの充実

インターネット黎明期にはドラマやアニメ、映画などの違法アップロードが非常に多く見受けられました。インターネットが今のように普及する前はそういったデータを個人が匿名で公開することは難しかったこともあり、法整備や実際に取り締まれるようになるまで無法地帯となっていたことは私もよく覚えています。そういった背景と、スマートフォンの高画質化、大画面化も合わさって定額で映像コンテンツを配信するサービスが多く誕生しましたね。今ではテレビもパソコンも持たず、スマートフォンのみで娯楽は十分というお一人世帯は多くなってきているかと思います。こういった動画配信サービスをスマホをメインで楽しむのであれば液晶画面の美しさにはこだわりたいかもしれませんね。

有機ELのメリット・デメリット

映像美以外のメリットとしては、消費電力を減らせることでしょうか。映像が美しく表現できるなら、その分電力使いそうだな、という印象を受けるかもしれませんが、常にバックライトを照らしている液晶パネルの方が実はバッテリーを消費してしまうんですね。また、デメリットとしては画面焼けの可能性でしょうか。長い時間同じ光を表示し続けることによって、画面にその部分が焼き付いてしまう現象です。液晶パネルでも画面焼けは起こることはありますが、光を発する部分と消える部分が存在する有機ELパネルでは焼き付きが顕著になると言われています。発表当初、iPhoneに利用している有機ELパネルは焼き付きにくい作りになっているという発表がありましたが、しずらいだけであって、しないわけではないんですね。そのため、普段同じ画面を表示させ続ける、画面の自動オフ機能を利用せずにiPhoneを見ながら寝落ちをする、といった使い方をしている方は注意が必要です。

修理費に関して

もしも画面に故障が出て修理を検討する際、一番気になるのが修理費用かと思います。費用に関しては、同様に有機ELパネルへの交換という場合、発売からの経過年数や画面の大きさによりますが、かなりの額になることが多いです。映像に特にこだわりはないよ、という場合であれば一部機種には液晶パネルを使用した互換パネルが存在します。そちらであれば画質が荒くなるわけではないため、かなりお得に交換して、ほぼ元の通りに操作できるようになります。また、修理店をお探しの際にお店によって最安値がまったく違っているのを見かけることがあるかもしれませんね。それは多くがこの互換液晶パネルを使用しているか、有機ELパネルのみを使用しているかの違いになってきます。もちろんスマホスピタル埼玉川越店ではどちらのご準備も可能です。お値段や在庫に関してはぜひ一度お問い合わせください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。