• TOP
  • お役立ち情報
  • iPhone 7(A1660、A1778、A1779)ガラス交換修理、バキバキに割れたiPhoneも修理承っています!

お役立ち情報

SCROLL DOWN
iPhone修理について

iPhone 7(A1660、A1778、A1779)ガラス交換修理、バキバキに割れたiPhoneも修理承っています!

iPhone修理、Android修理のスマホスピタル博多駅前店です!
今回はガラス割れから操作ができなくなったiPhone 7ガラス交換を修理対応しました。
iPhone 7 を購入して3年半、一昨日に通勤途中に地面に落として画面を確認するとガラスが割れていたとお問い合わせがありました。

iPhone 7は発売年が2016年ですので、数えて4年の歳月が経過していますね。
スマホスピタル博多駅前店でもiPhoneのガラス交換やバッテリー交換でご依頼が多い機種でもあります。
iPhone XやiPhone 11を使ったほうがよくないのかと思う方もいるかも知れませんので少しiPhone 7の紹介をさせていただきます。

iPhone 7 が4年経過した今でも利用者が多い理由としては、格安SIMで購入できる点や、最新iOSも対応している機種で値段としてもリーズナブルで、手に入りやすい端末でもありますね。

通信キャリアといえばdocomo、Softbank、auが有名ですが、昨今では格安キャリアが多く存在しています。
その数は約20社となり、契約内容は各通信キャリアによって料金プランも変わっています。
いくつかキャリアを紹介するとBIGLOBE、Rakuten UN-LIMIT、OCNモバイルONE、LINE MOBILE、UQモバイルとテレビCMでよく聞く名前もありますね。
格安キャリアは大手よりも月々の携帯代金が安くなるので魅力的ですよね。
現在、発売してる携帯の機種代金は平均約10万を超えて、料金プランも5Gが使えるプランも導入されてるので、支払代金がここ数年で上がっています。
しかし、格安SIMだと自分に適した料金プランを細かく選べるので、携帯代金を抑える事ができるかもしれません。
利用する端末はSIMフリーに対応している端末が条件となりますがApple製品の場合はiPhone 6sから対応しています。
iPhone 7は手頃なサイズや利用者が多いのでガラケーから機種変更で購入される場合も多いみたいですね。
シンプルで使いやすい機種なので需要があるのも頷けます。
また、万が一修理が必要な場合でも、修理費用が手頃なので何かとお得です!

それでは分解修理をご紹介します。
まずはこちらの写真をご覧ください。スマホスピタル博多駅前店 iPhone修理 1

ガラスが割れたとお伺いしておりましたが、内部の液晶が割れていて画面内には液晶の漏れと、1時間後にやり直してくださいと表示されておりました。
詳しくお客様に話を伺うと、画面が割れてからタッチ操作が出来ずに、勝手にパスコードが入力されていたとのことです。
持ってこられた状態は、最悪の一歩手前でタッチ操作が出来ずパスコードを次に間違えてしまうと、iPhoneは使用できませんとなってデータを初期化しないといけません。
しかし、画面が割れてお困りのときはスマホスピタル博多駅前店へお任せください!

スマホスピタル博多駅前店 iPhone修理 7スマホスピタル博多駅前店 iPhone修理 5
スマホスピタル博多駅前店 iPhone修理 6
こちらはiPhone 7を分解中の写真となり、1枚目が展開してすぐの写真です。
iPhone 7は見開きにした本のように開きます。
ラウドスピーカー部分のネジを取ってプレートを外します。
2枚目は内部のネジで手前から星ネジ、Yネジ、プラスネジです。
iPhoneを展開するときには必ず星ネジを外さないと分解ができません。
3枚目プレートを外した写真です。
ここからコネクター部分を取り外して画面と本体を分けていきます。
スマホスピタル博多駅前店 iPhone修理 9
スマホスピタル博多駅前店 iPhone修理 8

分解した画面と本体です。
画面側の上下にある近接センサーとホームボタンは新しい画面に移植をします。
バッテリー交換や、アウトカメラの交換、充電口交換の場合も同様に画面を展開して作業を行っています。
交換修理をする場合は画面展開は必須ということですね。

スマホスピタル博多駅前店 iPhone修理 3スマホスピタル博多駅前店 iPhone修理 2
1枚目は近接センサーの部品で6つのネジを取っていきます。
近接センサーの役割は、通話中耳に当てた時に誤作動しないよう画面が暗転する部品で、インカメラやイヤースピーカーとの接続にも欠かせない部品です。
次に2枚目はホームボタンの裏側となり、ここでもYネジがついています。
同じく特殊ドライバーでネジを取ってホームボタンを取り除きます。
iPhone 7のホームボタンは電圧式のホームボタンのため、iPhone 6sとホームボタンの形状が異なっています。
このホームボタンを損傷してしまうと起動を繰り返してしまう「リンゴループ」や不具合が発生するケースもあるので損傷しないよう気をつけなければいけません。

スマホスピタル博多駅前店 iPhone修理 4
上記2つを取り除いた後の画面です。
次に両サイドのYネジとヒートシンクを取って画面の展開は完了となります。

スマホスピタル博多駅前店 iPhone修理 10
こちらは修理後の写真になります。
先程取り除いた部品を新しい画面に移植して組み上げました。
パスコードロックにより34分後のやり直しが求められていましたが、後ほど画面の解除ができて修理後のチェックも問題ありませんでした。
今回はガラス交換の修理のご紹介でしたが、スマホスピタル博多駅前店ではフィルム販売も行っております。
フィルムの種類は衝撃吸収フィルム、ガラスフィルム、フルラウンドタイプと各種ご用意しております!
貼るのが苦手なお客様でもスタッフがフィルムを貼っておりますよ!
さらにiPhone修理の他にAndroid端末やゲーム機修理も承っております。

Android修理のブログはこちらから

Switchやゲーム機修理のブログはこちらから

コロナウィルス対策ブログはこちらから

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。