• TOP
  • お役立ち情報
  • 画面が破損してしまった時に一緒に故障してしまう可能性があるパーツは…?
お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone修理について

スマホスピタルお役立ち情報 画面が破損してしまった時に一緒に故障してしまう可能性があるパーツは…?

画面割れ

 

画面が破損してしまった時に…

 

画面の修理が一番多く依頼をいただいているのですが

その画面交換修理をしていると、バッテリーが膨張してしまっていたり

修理前の時点で他のパーツの動作が正常に確認できなかったりする事があります

今回は、画面が破損してしまった時に故障してしまう事が多いパーツのご案内をしていきます!

画面が割れるほどの衝撃

スマホの画面、ガラスは強度はとても高いガラスでできています

そのガラスが割れてしまうのは、とても強い衝撃が加わっているからです

その衝撃が、画面の破損だけで済むのでしょうか…いいえ

他のパーツ等にも小さいダメージは必ずあります。

近接センサー

この近接センサーですが、どんなものか知らない方も多いようです

近接センサーは通話などの時に画面に顔を近づけると、画面が暗くなるセンサーです

このセンサーが動作していないと、画面が暗くならず、ほっぺたが画面にあたってしまう事で

通話中に勝手にスピーカーになってしまったり、電話をきってしまったりします…

このパーツはとても小さく画面にくっついているパーツなので

画面が割れてしまった衝撃がそのまま、そのパーツにダメージが伝わってしまいます

そのため、画面が破損している端末で、一緒に壊れてしまっている部分で一番多いのが

この近接センサーなんです。

バッテリー

バッテリーが衝撃にとても弱く、衝撃が加わる事で

正常に動作しなくなってしまう事があります

最新のOSでは端末でバッテリーの診断ができますが

この診断はあくまでも充電回数などでも劣化具合を図る為のものなので

衝撃が加わったバッテリーの診断としては正確ではありません

衝撃が加わる事でバッテリーは膨張しやすくもなります。

まとめ

 

画面の破損で一緒に壊れてしまっている事が多いパーツでしたが

近接センサーはインカメラと一体のパーツなので

壊れたまま放っておくと、パーツの故障は広がっていく事がありますので

インカメラも使えなくなってしまった!なんて事にもあってしまう可能性があります

こうなってしまわないように、なるべく故障しているパーツは一緒に修理しましょう!

同時に修理ができなくても、なるべく早く修理をしていただく事をオススメします!

その他の修理も、お問合せいただければと思いますので

スマホの事で何かお困りでしたら、是非スマホスピタルまでご相談くださいね!(*^-^*)

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。