お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneが熱くなる原因は?対処方法は?

充電 (2)

iPhoneが発熱する時は…

 

iPhoneを使っていると

本体が発熱している状態になる事があります。

iPhoneユーザーの方は経験したことがあるのではないでしょうか

この発熱の原因は、大きく3つあります。

①内部発熱

②バッテリー発熱

③外部発熱

それぞれに原因があり

その原因を解消する事で発熱を抑える事ができるかもしれません。

①内部発熱の原因

 

内部で発熱している原因は「CPU」という部分に負荷がかかっている状態で

そのCPUが発熱してしまっている状態です。

CPUは人間で例えると「脳」になります。

様々な操作やアプリの処理等、様々な処理を担っています。

CPUに負荷がかかると発熱してしまいます

その原因としては、複数のアプリを起動した状態にしていたり

処理の重たいアプリの使用などがあります。

②バッテリー発熱

 

バッテリーが発熱してしまう原因は

主な原因は充電中の操作です。

家にいる時や寝る時など、充電中に操作する事が多いと思います。

こういった事から充電中の操作は、推奨されていません。

③外部発熱

 

外部からの熱が原因でiPhoneが熱をもってしまう事があります

それが外部発熱なのですが

具体的には、直射日光や室温の高いところに置いているとなってしまいます。

発熱させないためには

 

発熱の原因が重なると異常な発熱をおこす場合があります。

・高温になる場所での保管を避け

・充電中の操作も控える

・バックグラウンドで起動しているアプリでも

使用していないアプリはなるべく切る

これだけでもある程度は発熱を抑える事ができると思います。

異常な発熱がおこった時は…

 

家庭用ゲーム機や、パソコンには熱を逃がす為の

冷却用のファンが備え付けられていますが

iPhoneには付いていません、熱を逃がしやすい構造になっている程度なので

発熱の速度が、熱を逃がす速度より早いと異常に発熱してしまいます。

異常な発熱がおきた時の対処方ですが

よく、冷蔵庫に入れた、保冷剤で冷やした等の話を聞きますが

これは、してはいけません…

冷蔵庫で冷やせば、間違いなく熱はなくなりますが

急激な温度差が生じると、内部で結露が発生してしまい

水濡れの故障になってしまう事があります。

保冷剤の場合も、保冷剤が熱で溶けて出る水滴が原因で

水濡れしてしまう事があります。

タオル等を巻いていても、水分は本体についてしまいます。

この2つの方法はやめてくださいね!

正しい対処法は

まず、ケースをつけている場合は、外してください

そのあとは、うちわなどで扇ぎ風をあてるのがいいです。

風を当てるのは背面から当てるといいですよ!

熱伝導率のいい素材の上に置いておくのも、熱を吸収・分散してくれるので

はやく冷やす事が出来ます。

まとめ

 

異常な発熱がおこると

基板にもダメージが出てしまい

基板やパーツがダメになってしまう事があります。

この時期、特に室内で高温になる事が多くなります。

車の中に1日おいていたら

リンゴループになってしまい、使えなくなってしまった

といった修理もありました。

なるべく、発熱してしまうような事は避けて

iPhoneを使ってくださいね!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。