お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPad修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPadの充電口修理はスマホスピタル京橋店へ

iPadの充電口(ドックコネクター)といった部分に関しての修理は容易に行えるものではありません。

理由としてですが、こちらのパーツは本体基盤にはんだで溶接されている箇所になります。

修理の工程としては、古いパーツを取り外して新しいパーツを取り付ければ直ると言ってしまえばそれまでですが

このパーツを取り外して、取り付けるといった作業ができる修理業者も少ないのもまた事実といえます。

 

当店スマホスピタル京橋店では、アップルとは別の『非正規店』となっていますので

修理や内部を開封することによってサポートや保証をご利用していただくことができなくなる可能性もあります。

しかし、iPadの充電機能がなくなってしまうと電池がなくなってしまってそれまでとなります。

中に入っているデータ、写真、アプリデータなどは水泡と化します。

 

iPadの充電口 特性と役割

 

iPadの充電口(ドックコネクター)は充電するといったこと以外にもスピーカー接点の役割も担っています。

充電することができない以外にも、スピーカーの音が割れてしまったり音声がならない場合は充電口が破損している可能性もうかがえます。

 

iPadの種類によっても内部の作りが異なりまして『コネクター型』『はんだ型』と2タイプのパーツで構成されています。
iPadの充電口

・コネクター型【iPad2、iPad3、iPad4、iPad11(第1世代)、iPad11(第2世代)】

こちらのタイプですと修理レベルも容易です。

パーツを交換することで修理が完了になりますので、iPadを開封して新しいものを取り付けるといった作業内容になります。

・はんだ型【iPadAir、iPadAir2、iPadAir3、iPadAir4、iPadmini、iPadmini2、iPadmini3、iPadmini4、iPadmini5、iPadPro9.7、iPadPro10.5、iPadPro12.9、iPadPro12.9(第2世代)】

これらの種類のiPadはパーツがはんだで溶接されているタイプです。

本体基板からはんだで取り外して、新しいものを取り付けるタイプになりますので修理の工程としては難易度が一気に上昇します。

 

注意点として

tablet-anke

 

新しいものに交換しても確実に直るわけではありません!

日常の経年劣化や使用による負担において本体基盤を故障させてしまっている可能性もあります。

基盤に接点といった溶接部があるのですが、こちらが破損していると交換しても改善することが難しいです。

実際問題、新しいパーツを取り付けてみるまでは修理が成功するかどうかわかりませんので予めご了承のほどよろしくお願いします。

修理にいただく期間としては2~3日前後で、修理無事完了すれば中に入っているデータも基本的にそのままで使っていただくことができます。

iPadの充電口の故障でお悩みでしたら、当店スマホスピタル京橋店へ一度ご相談ください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。