お役立ち情報

SCROLL DOWN
困ったときは

iPhoneのタッチパネルが反応しないときも修理できます

こんにちは、iPhone修理・iPad修理のスマホスピタル名古屋金山店です。

金山駅でのアイフォン修理なら駅から徒歩約1分の当店にお任せください!

今回はiPhoneのタッチパネルが反応しない故障についてご紹介します。

アイフォンに限らず、スマートフォンの操作はそのほとんどをタッチパネルで行います。

物理的なボタンはスリープボタン(電源ボタン)、ホームボタン、マナーボタン、ボリュームボタン(音量ボタン)だけです。

スマホで使う機能のうちごく一部だけがタッチをせずに使えます。

修理でご依頼いただく中には、そのタッチパネルが反応しないという症状のことがあります。

一部だけであったり、全体が全く反応しないということもあります。

タッチができなければあらゆる操作を行うことができなくなります。

電話着信があっても出ることはできず、かけなおすこともできません。

自分がケータイを使えない状態であることをメールやLINEで知らせることもできません。

修理店を探そうとしても地図やインターネットで調べることもできず。

もう古くなっていたので、新しい機種に買い替えようとしても引き継ぎもできない…という非常に困った状態になってしまいます。

Androidのスマートフォンでは、マウスなどの入力デバイスを接続することでタッチパネルが故障していても操作できる場合があります。

iPhoneの場合はそういった機能がないため、バックアップをするためには必ずiPhoneで信頼ボタンをタップする必要があります。

そのため、今までバックアップをしていない状態での機種変更をしてしまうと、

データを取り出すことができないままになってしまい、一からとなってしまいます。

タッチパネルはフロントパネルという部品に組み込まれています。

これはガラス、タッチパネル(デジタイザ)、液晶ディスプレイが一体となった部品です。

画面の修理をする場合はこちらの部品を取り外し、正常動作するものに交換することになります。

多くの場合はタッチができなくなってしまったアイフォンも、画面の交換修理で復活します。

スマホスピタルでご依頼いただく修理内容としても、画面修理が圧倒的に多く、そのほとんどがお直しできています。

ただし、本体に重大な不具合が発生するほどの衝撃があった場合や、

割れたままで長期間使用していたりする場合などには画面以外にもさまざまな不具合が発生している場合もあります。

本体基板がダメージを負ってしまうと簡単に修理することはできなくなってしまいますので、

壊れてしまったアイフォンはその症状が悪化する前に早めに修理することが重要です。

アイフォンの画面交換修理ならデータそのまま、即日修理も可能となっております。

タッチができなくなってしまったときもお任せください!

【画面のタッチができないときの修理は↓】

https://smahospital.jp/repair_spliquid.html

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。