お役立ち情報

SCROLL DOWN
困ったときは

リンゴループになってしまったら?原因と対処法について!

「リンゴループ」とは?

iphone_hand

皆さんはリンゴループと呼ばれる故障の症状についてご存知でしょうか?
iPhone/iPadを起動させたとき、通常であれば画面にリンゴマーク(Apple社ロゴマーク)が表示され、
しばらく待機すれば自動的にホーム画面まで進むのですが、
リンゴループになってしまうと、このロゴマークが点いたり消えたりを繰り返し、
いつまで待ってもホーム画面にまで進まず、使うことができない状態となります。

当店でもご相談いただくことの多い内容となっておりますが、
前触れなく突然起こってしまうことが多いため、バックアップもできておらず
データが取り出せなくなってしまい、困ってしまったという方が多いです。

 

リンゴループが発生する原因について

リンゴループが起こってしまう原因はいくつかありますが、
代表的な例をご紹介いたします。

 

iOSアップデートの失敗

ご存知の方が多いとは思いますが、iPhoneではiOSというシステムが動いています。
iOSは定期的にアップデートが配信され、新機能の追加や不具合の修正など
さまざまな内容が含まれているため、基本的にはアップデートが推奨されています。

しかし、このアップデートに失敗してしまうということがあります。
例えば、作業中に充電切れで電源が切れてしまったり、
通信環境が悪く更新プログラムのダウンロードが途切れてしまったりなど、
何らかの理由によって途中で中断されてしまうと、
iPhone/iPadが正常に起動できなくなってしまうことがあります。

システムのアップデートが正常に完了しなかった場合、
起動する時点で不具合が生じてリンゴループとなってしまうことがあります。

 

本体ストレージの容量不足

スマホやタブレットにはさまざまなデータが保存されており、
ほとんどの場合、日々そのデータは増え続けていきます。
iPhoneの場合、本体のストレージは購入時に決める必要があり、
外部ストレージ(SDカード等)を差し込むことができないため、
多くの写真や動画を保存したり、アプリをインストールすると
本体ストレージが不足してしまうことがあります。

容量不足が発生すると、システムの動作が不安定になり
リンゴループの症状が発生するリスクが高まります。
定期的なバックアップを行うとともに、
ストレージの使用状況も確認しておくことが重要です。

 

バッテリーの劣化

スマホのバッテリーは、長期に渡って使っていると劣化症状が現れます。
100%まで充電をしても、消耗が激しくすぐに0%になってしまったり、
十分な残量があったとしても突然シャットダウンしてしまうなどが代表的な症状です。

そして実はリンゴループ症状も、バッテリー劣化によって起こる場合があります。
軌道に必要な電力すら共有できなくなってしまい、スタートした瞬間に
充電残量不足によってシャットダウンする状態になることがあるのです。
この場合、バッテリー交換を行うことが多くが改善されます。
リンゴループの原因としては最も軽度かつ単純と言えるでしょう。

 

メイン基板の故障

iPhoneを構成する部品やモジュールのうち、
もっとも重要な部分がメイン基板(ロジックボード)です。

激しい落下や、フレームの歪み、本体の水没などによって
iPhone内部へのダメージがあった際に、
メイン基板が破損・損傷してしまうとリンゴループとなる場合があります。

基板には数百のコンデンサ、チップなどが密集しているため
肉眼での診断では故障個所を確認することが難しいため、
修理を行うためには高い技術力を必要とされます。

リンゴループになってしまった場合の対処法

iphone-lock
SIMカードを取り外してみる

異なるキャリアのSIMカードが挿入されていたり、
SIMカード自体に不具合が発生していると読み込みのエラーが発生し、
起動時の障害となってしまいリンゴループの状態となる場合があります。

SIMカードを一度取り外してから、リンゴループが改善されるか確認しましょう。

 

iPhoneの強制再起動を行う

一時的なシステムのトラブルなどでリンゴループが発生している場合、
強制終了して再起動することで改善できる場合があります。

お使いのモデルにより、強制終了をするためのコマンドが違いますので
それぞれの方法をご紹介いたします。

再起動をして改善された場合は、
念のために必ずデータのバックアップを行っておきましょう!

 

強制終了の操作方法

iPhone8シリーズ、Xシリーズ、11シリーズ、12シリーズ、SE(2020)の場合
①音量ボタンの上を押してすぐ離す
②音量ボタンの下を押してすぐ離す
③スリープボタン(サイドボタン)を長押し

iPhone7シリーズの場合
音量ボタンの下とスリープボタンを同時に長押し

iPhone6sシリーズ、およびそれ以前のモデルの場合
ホームボタンとスリープボタンを同時に長押し

 

iTunesを使ってiOSのアップデートまたはリセットを行う

PC用のソフトウェアであるiTunesを使うことで、
リンゴループになったiPhoneのシステムを
アップデート、あるいはリセットすることが可能です。

iOSシステムの不具合であったり、ストレージ不足で発生している場合は
この作業で改善される場合があります。
ただし、操作する内容によってデータが消去となるものもありますので
しっかりと画面の案内を読みながら進めていきましょう。

まずはPCにiTunesをインストールしておきましょう。
Apple公式サイトから無料でダウンロードすることが可能です。

次に、リンゴループのままPCに接続してもiPhoneが認識されないため、
iPhoneをリカバリーモードと呼ばれる状態にします。

PCとiPhoneをUSBケーブルで接続し、
前述の強制終了コマンドを実行します。
このとき、強制終了した後もボタンを離さずに押し続けます。

リカバリーモードへの移行が成功すれば、
iPhoneの画面にiTunesのアイコンまたはPCのマークが表示され、
iTunesには「アップデート」と「復元」の2つのボタンが表示されます。

注意しなければならないのが、「アップデート」では
iPhone内部のデータは消えずに保持されますが、
復元」では工場出荷時の状態にリセットされるため
iPhoneのデータは全て消去されることになります。

データを残したい場合は「アップデート」を選択しましょう。
データは消えても問題ない場合や、事前にバックアップがしてある場合は
「復元」をして再設定したり、バックアップから引き継ぎすることが可能です。

なお、リンゴループ症状の場合は「アップデート」では改善できず、
「復元」を行った場合のみ正常に戻る場合があります。
基本的には初めに「アップデート」を試し、これがうまくいかない場合は
データ消去とはなりますが「復元」を行い症状が改善されるか試していきましょう。

 

いずれの作業を行っても症状が改善されない場合

iTunesでの「復元」を行ってもエラーになってしまったり、
リンゴループに戻ってしまう場合は本体故障の可能性が高くなります。
この場合は修理店に持ち込み、バッテリーの交換や、内部調査を依頼しましょう。
(本体基板が損傷している場合には、端末交換や機種変更が必要となる場合もあります。)

 まとめ

iphone-data

リンゴループの症状は、突然発生してしまうことが多く、
事前にバックアップができていなかったことで
データを諦めざるを得ない状態となってしまう場合もあります。

しかし、自分でできる対処法もいくつかありますので、
万が一リンゴループになってしまった場合も
順番に試していき抜け出すことができるか確認しましょう。
どうしても自分では対処しきれない場合は、
メーカーや修理ショップに持ち込みましょう。

iPhoneの動作が重くなっている場合や、
本体の空き容量が少なくなってしまっている場合には
特にリンゴループが起きやすい状態となりますので、
定期的なバックアップ、データ整理を行うことが重要です。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。