お役立ち情報

SCROLL DOWN
困ったときは

iPhone圏外になる原因は?対処法も!

スマホスピタルでは充電の減りが早くなったスマホのバッテリー交換、バキバキになった画面の交換修理等を行なっております。
当店で行う修理は物理的な破損パーツの交換修理となっております。
パーツがあるものに関しては即日でお返しが可能となっており、データもそのままでお返しが可能です。

 

iphone 圏外 直し方

パーツの物理的な破損に関しては、交換によって改善することがほとんどですが、基板の故障に関してはそうもいきません。
中でも、スマホが圏外になる表示は基板の故障の可能性が高く、本体を交換するか、基盤を修理するなどの費用、日数面でもかなりの手間がかかります。
ただし、以下のトラブルシューティングをお試しいただくことでiphoneの圏外を直すことができる可能性がございます。

 

①再起動

どのような不具合にも再起動は一度試してみてください。
システムや、画面が映らない等の不具合は端末の再起動を試すことで改善する可能性がございます。
iPhoneX以前の機種であればスリープボタンの長押しX以降であればボリュームの片方のボタンとスリープボタンの長押しで電源を切ることが出来ます。
しばらく時間をおいてから再度スリープボタンを長押ししていただくと電源が立ち上がりますので、直っているか確認してください。

 

②SIMカードの抜き差し

電話などの電波を読み取るには端末に挿入されているSIMカードが必ず必要になります。
端末の右横に小さい穴が空いているので、そこにSIMピンや、安全ピンの先を差し込むと写真の様にSIMカードの抜き取りが出来ます。
SIMカードの接点部分が汚れていたりキズついていたりすると読みこみがうまくされません。
汚れをふき取ったりした後に抜き差しを行なってみてください。
改善しない場合はキャリアショップでSIMカードの再発行が必要になる可能性がございます。

 

③設定の確認

電波を読み込むには、モバイルデータ通信の設定がオンになっていることが必須条件になります。
確認方法は設定-モバイル通信-モバイルデータ通信がオンになっていることを確認します。
または、機内モードなどの電波が入らない設定がオンになっていないかなども確認しましょう。

 

④システムのバージョンアップ

iPhone等であればiosのシステムがバージョンアップされているか確認をしてみましょう
内部のバージョンがあまりにも古い、対応していない、一時的にエラーが出ていたりすると電波を読み込まない等の
システムエラーが出てくる可能性がございます。
iosを最新のバージョンにアップデートすることによって改善される可能性がございます。
バージョンアップをする際は本体内部の空き容量を十分に確保して、wi-fi環境が整った場所でアップデートを行なってください。
容量が不足していたするりすると、システムエラーが発生したりして、リンゴループ等の起動不良に陥る可能性がございます。

 

ご自宅で出来る改善方法としては上記4点になります。
これらを試しても改善が見られない場合は本体の故障が疑われますので修理店や正規の保証サービスで修理や、本体交換をする必要があります。
ただ修理の場合になると、直らない可能性というのも出てきまして、スマホスピタルで一度端末の修理分解を行なうと、
正規の保証サービスなどを使用して本体交換などが出来なくなりますのでご注意ください。
本体交換をする際は、内部のデータを事前にバックアップして、交換後にデータの復元をする必要がありますので事前の準備を必ず行ってください!

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。