• TOP
  • お役立ち情報
  • 【iPhone】耐水機能が付いているのに水没!?その原因とは・・・【水没修理対応可】

お役立ち情報

SCROLL DOWN
困ったときは

【iPhone】耐水機能が付いているのに水没!?その原因とは・・・【水没修理対応可】

iPhone 水没

耐水機能付きなのに水没するのは何故・・・

 

iPhoneは7以降の端末に「耐水性能」が搭載されています。

しかし、そんなiPhoneでも「水没してしまいました・・・」という修理のご相談が後を絶ちません。

お仕事や趣味の都合上、耐水性能を重視してiPhoneを購入される方も多いと思いますが、水没してしまうのは何故なのでしょうか。

今回の記事では、iPhoneが水没してしまう原因や対処方法をご紹介させていただきます。

少しでも参考になればと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

そもそも耐水性能って何?

 

耐水とは「水がしみ通らないこと。また、水によって変質や破損しないこと。」を指します。

Apple公式サイトを見てみると、iPhone7の場合は「IP67等級」といった記載がありますが、言葉が難しいですよね。

果たして「IP67等級」というものが一体どれ程の性能なのか、説明できるという方は少ないのではないでしょうか。

iPhone7以降の端末は、本体フレームと画面の間に↓のような「耐水テープ」と言われるものが付いています。

 

 

 

iPhone 耐水

 

少々分かりにくいですが、白と黒の部分が耐水テープになります。

(青い部分は耐水テープを支える台紙のようなものです。)

耐水テープで本体フレームと画面の隙間を埋めることで、内部に水分が入りにくくなり、水没から守ってくれています。

しかし、このようなテープがあっても水没してしまうのは何故なのでしょう・・・

それにはいくつかの原因が挙げられます。

 

iPhoneが水没してしまう原因とは

 

破損

 

耐水テープが貼られているにも関わらず、水没してしまうiPhoneには共通点がありました。

それは・・・「破損している部分がある」ということです。

 

・画面や背面ガラスにヒビ割れがある

・ガメラレンズが割れているor無い

・何らかの衝撃や圧力によってフレームが歪んでいる

 

といった状態のiPhoneは、破損していないiPhoneに比べて水没の可能性が高いようです。

「少しヒビが入っているだけだから大丈夫!」と、破損を放置している方を多く見かけますが、その少しの隙間から水は容赦なく浸入します。

ほんの少しでも破損がある場合、耐水テープの効果は一切無いと思った方が良いかもしれません。

 

経年劣化

 

長期間使用しているiPhoneの場合は経年劣化が進み、耐水テープの働きが弱くなってきます。

テープが弱ってくると、画面とフレームの間に少しずつ隙間ができます。

その隙間から水分は浸入することもあるので、古いiPhoneをお使いの場合は注意が必要です。

 

お風呂への持ち込み 

 

段々と涼しくなって来ましたので、iPhoneをお供に長風呂・・・という方も多いのではないでしょうか。

しかし、気温の低いところ → 高温多湿のお風呂 というような使い方をすると、内部で結露が発生したり湿気で水没してしまうこともあります。

「急に画面が映らなくなった・・・」と、当店に持ち込まれたiPhoneで「お風呂で使用はしているが、湯船に落としたことはない。」という状態でも、内部を確認すると薄っすら水没反応が出ていることがあります。

これからの時期は特に、お風呂での長時間使用は避けた方がいいかもしれません。

 

このように、耐水機能が搭載されているiPhoneでも水没してしまう危険はそこら中に転がっています。

「耐水だから大丈夫!」と油断せず、日々のバックアップをこまめに取るなどの対策を行うと、万が一の時でも安心です。

また、気を付けていたけど水没してしまったという場合は当店までご相談ください。

水没状態から無事に復旧が出来れば、内部のデータを取り出せる可能性がございます。

お困りの方は、お気軽にご来店くださいませ。

※ 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、原則ご予約でのご来店をお願いしております。ご理解・ご協力を願い申し上げます。

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。