• TOP
  • お役立ち情報
  • iPhoneやスマホのトラブルになる前に確認してほしいこと!!~充電の不具合編~
お役立ち情報
SCROLL DOWN

困ったときは

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneやスマホのトラブルになる前に確認してほしいこと!!~充電の不具合編~

iPhoneをはじめとするスマートフォンはもちろん、ゲーム機やノートパソコンもバッテリーが搭載されているものが多いかと思います。そんな電化製品にとって重要なバッテリーですが、劣化や寿命により不具合があったとき交換修理で再び使えるようになるのは何度かご紹介をして参りました。しかし、時にはもっと根本的な、充電側の問題によって電源が入らなくなりご相談を頂くこともございます。今回はそんな充電に関するトラブルでもバッテリー交換では直らない例をいくつかご紹介致します。

充電器そのものの故障

充電器が壊れていては充電ができず、いつしか電池切れによって起動しなくなりますね。当たり前の事例ですが、意外と見落としがちな点なんです。iPhoneなどももちろんですが、ゲーム機などでも同様です。特にスマホのように何度も手に持つことがない製品であれば、電池残量や充電がちゃんと出来ているかを毎日チェックすることは少ないかと思います。当店に時々ご相談を頂くニンテンドースイッチなんかは、androidスマホなどで使われるタイプCと呼ばれるUSB充電ケーブルでも一応充電が可能です。電源が点かなくなった場合にはぜひ他のケーブルもお試しください。

 %e5%86%99%e7%9c%9f-2020-12-04-14-23-14

スマホ用のケーブルだと供給電力が少なく充電に時間がかかる場合もあります

充電口の汚れなどによる充電不良

枕元に置いて就寝されたり、衣類のポケットに直接iPhoneを入れて携帯する方も多いかと思います。衣服や寝具などから出た塵や埃が充電口に付着し、充電ケーブルでそれを奥に押し込んでしまうことがあります。文字通り塵も積もれば山となり、必要な部分まで充電端子が届かなくなることで充電不良が起こる場合があります。充電口から溜まった汚れを取り出せば多くの場合解決するのですが、注意しなければならないのが奥に押し込まないように柔らかいもので掻き出す必要があります。耳掃除のようなものだと思って頂ければわかりやすいかと思います。エアダスターなども有効ですが奥で埃などが固まっていた場合にさらに固まってしまうこともあるため、ティッシュを巻いた細く鋭利ではないもので軽く崩すようにしてから使用するのが安全かもしれません。

充電口部品の故障

充電ケーブルを差しこむ充電ドックと呼ばれる部品で、iPhoneであればライトニングコネクタと呼ぶ場合もある充電口ですが、この場所の故障によって充電がされず電池切れで動かなくなる場合もあります。先述した充電口の内部の汚れを取ろうと固いもので擦ってしまったり、息をフーフーと吹きかけてしまったりすると傷つけたり水分が付着して故障してしまう場合があります。また、充電ケーブルの抜き差しの際にも傷をつけることがあるようですね。基本的に突然使えなくなるケースは稀で、なんだか調子が悪い、充電が止まってしまう、ケーブルがうまくはまっていないという症状を先に感じることが多いかと思います。この部品に関してはスマホスピタル埼玉川越店での修理が可能です。他の修理と比べるとお時間を頂戴するものになりますが、ご不便を感じたら充電ドックの修理をぜひご一考ください。

最後に

スマホスピタル埼玉川越店では電源が点かないとご相談頂いた際、水没時を除きその場で充電のチェックを行います。これによって故障箇所が半分くらいに絞られることもあるので、お持ち頂いたその場で修理内容と費用を見積もらせて頂くことができるかもしれません。充電トラブルでお困りの際もぜひスマホスピタル埼玉川越店へご相談ください!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。