お役立ち情報
SCROLL DOWN

困ったときは

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneのTouch IDの弱点とは?

iPhone5S以降に販売されたiPhoneには標準で備わっている機能TouchIDですが、指紋認証でロック解除できたりアプリ取得出来るため大変便利な機能といえます。

しかし、その指紋認証には弱点があるのです。

その弱点とは、寝ている間に指をホームボタンに乗せられる事で簡単に、誰でも解除できてしまうということ。

先月もアメリカのニュースで、6歳の子どもがソファーで寝ている親の指を使って、自分へのクリスマスプレゼントをAmazonで購入したというニュースが話題となりました。

iPhoneでよくYou Tubeの動画を見ることが多かったので、操作には慣れていたようですがとても6歳時の発想とは思えませんよね(^_^;)筆者が6歳の時は靴下を用意し早めに布団の中に入り、ドキドキしながらサンタを待ったものです。

もともとはロック解除を簡単にしかも自分だけが行う為に想定された、タッチIDなのでこの寝ている隙を突かれてしまうとどうしようもありません。

それではどうやって寝ている間に自分のiPhoneを守るのか??

一番良い解決策は、iPhoneのロック解除にタッチIDを使わないという方法!設定アプリから「Touch IDとパスコード」を開き、「iPhoneのロックを解除」をオフにし、「iTunes&AppStore」をオンにすることで、画面のロック解除は数字入力にすることが出来ます。

しかし、それでは簡単に画面ロック解除が出来ない!そんな方には指紋認証の箇所を指の先ではなく、指の根本や第一関節の辺りで設定すれば気づかれにくいです。

小さいお子様がいるという過程の親御さんは頼んだ身に覚えのない商品が届く前に、設定変更を推奨いたします。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。