赤ロムのiPhoneは買取不可!買取ができないiPhoneの特徴を紹介!

古いiPhoneを買取りに出して、新しいiPhoneに買い換えるときの足しにしようと考える方は多いです。しかし、買取業者はどのようなiPhoneでも買い取ってくれるとは限りません。買取してもらえないiPhoneとは、どのようなiPhoneのことを指すのか、項目ごとに解説していきます。 買取を断られたiPhoneを売る方法についても最後にご紹介しますので、iPhoneの買取を希望されている方は参考にしてください。


この記事は約7分で読み終わります。

いわゆる“赤ロム”のiPhoneは買取ができない

どのようなiPhone買取業者であっても、「赤ロム」と呼ばれるiPhoneは買い取ってもらうことができません。赤ロム状態のiPhoneとは、何らかの理由でネットワーク制限がかけられた端末のことを指します。

この項では、具体的にどのようなiPhoneにネットワーク制限がかけられるのかについてご紹介しますので、ご自身のiPhoneが赤ロムではないかを、まずは確認しましょう。

端末代未払いの端末

近年では、iPhoneを購入する場合、キャリアでの分割払いを利用して購入するのが主流となっています。割賦制度はとても便利な購入方法ですが、分割払いでiPhoneを入手した場合、端末代金をすべて払い終わるまでは、携帯キャリアにiPhoneの所有権があるのです。

そのため、分割払い中に何らかの理由で携帯代金が払えなくなった場合、端末の利用を携帯キャリアに止められてしまいます。これを「ネットワーク制限」と呼びます。

このように携帯キャリアに電波を止められて、使えない状態にされてしまった端末を「赤ロム」と呼ぶのです。

赤ロム扱いにはなりませんが、iPhoneの端末代が未払いの状態でなくても、分割払い中のiPhoneは買取しないという業者が多いので注意しましょう。

盗難した端末

盗難品のiPhoneは、赤ロム端末となり買取してもらえません。警察に被害届が提出されているiPhoneや、携帯キャリアが盗難の事実を把握していると、iPhoneがロックされ使えない状態になるためです。
そもそも、盗難品のiPhoneや偽造の身分証の使用で不正契約されたiPhoneは、どこの業者でも買取はしてもらえません。

ネットワーク利用制限に該当する端末

先ほどご紹介した端末代未払いのiPhoneや盗難品のiPhoneは、各キャリアのネットワーク利用制限照会で「-」の状態を示しているので、赤ロムとなっています。

iPhoneを買取に出す前には、念のため何らかの理由でネットワーク制限照会が「-」の状態になっていないか確認しておきましょう。

iPhoneのネットワーク制限がかかっているかを調べるには、キャリアごとに用意されているネットワーク制限照会サイトで確認します。
それぞれの契約しているキャリアのサイトへ行き、自分のiPhoneのIMEI番号を入力すると照会してみてください。

<iPhoneのIMEI番号の確認方法>
①「設定」をタップ
②「一般」をタップ
③「情報」をタップ
IMEIの項目にIMEI番号が記載されています。

この方法で、サイトにてIMEI番号を入力すると、「○」「▲」「☓」「-」のいずれかが表示されます。「○」の場合は、問題なしということで、買取もしてもらえます。

ネットワーク利用制限がかけられている場合は、「☓」か「▲」が表示されます。「☓」が端末代未払いや不正入手の端末の場合に表示されます。「▲」は端末代金が支払い中で、今後の支払われる状況によってネットワークの利用制限がかけられる可能性もあるという場合です。

「-」表示の場合は、IMEI番号が登録されていない状態を示します。契約キャリアのネットワークに接続されていない状態で、認証されていないことを表す表示です。

目次へ

「買取ができない」といわれるその他の端末の特徴

赤ロム以外のiPhoneでも、業者によっては買取してもらえないものもあります。具体的にどのようなiPhoneが買取できないのでしょうか?

ここからは、赤ロムではないけれど買取できないiPhoneや、買取できてもほとんど値がつかないiPhoneについてご紹介していきます。

型が古い端末

2019年現在、iPhone11まで販売されていますが、約9年前に発売されたiPhone4は、買取できない店舗やiPhone以外にも、スマホが発売される以前のガラケーの買取はしていないという店舗も多いです。

このように古くなった機種は、一般的にあまり需要がないため、業者は買取自体を拒否したり、100円くらいの安価な買取金額しか提示しないケースがあります。

動作不良の端末

iPhoneが正常に動作しない場合も、ほとんどの業者が買取をしてくれません。たとえば、ホームボタンやスリープボタンなどが陥没してしまっている、iPhoneや振動が動作しない、カメラ機能に不具合がある、スピーカーに異常があるなどといった場合は買取不可になります。

たとえ買取はしてくれたとしても、動作不良のiPhoneは大幅減額の対象になることも少なくありません。ほとんどの店舗で、正常に動作していることが買取の前提条件になっています。

水没したことのある端末

iPhoneが水没すると、iPhone本体側面のSIMカードの挿入口内部に水濡れマークが表示されます。水に浸けた記憶がなくても、汗や雨、湿気などで、知らない内に水没してしまっているときがあるので注意しましょう。

水没したiPhoneは、買取不可としている業者が多いです。買取に出す前には、今一度SIMトレイを出して、水没シートを確認しましょう。

画面割れしている端末

iPhoneは、タッチパネルを使って操作することから、画面に不具合があると買取を断られるケースが多いです。落として画面を割ってしまったiPhoneのほかにも、画面端が少しでも欠けているiPhone、ヒビが入っているiPhoneなども買取対象外になる場合が多くあります。

また、勝手にタッチパネルが操作されてしまう現象のゴーストタッチなどの不具合が出ているような、画面機能に欠陥がある場合も同様に、買取対象外となるケースが多いです。

買取してもらえる店舗の場合も、大幅な減額になる可能性がありますので、買取業者に問い合わせて聞いてみることをおすすめします。

目次へ

故障したケータイでも買取可能!

先ほどご紹介したような、古い機種のiPhone、動作不良や水没したiPhone、画面が割れているiPhoneなどの、いわゆるジャンク品と呼ばれるiPhoneは、買取できないと断る業者が多いです。しかし買取不可と判断されたiPhoneでも、スマホスピタルなら積極的に買取いたします。

スマホスピタルは、総務省登録修理業者に認定されたiPhone修理店です。故障しているiPhoneも、自社で修理できるため他社が敬遠するジャンク品の買取を積極的におこなえるのです。古い型のiPhoneやガラケーの買取もおこなっておりますので、お家に古いケータイがある場合は、ぜひ一度お問い合わせください。

店舗に直接ご持参いただくと、その場で査定し現金手渡しでの買取ができる点も当店の自慢できるポイントです。郵送での買取を希望される方は、後日銀行への振込みとなりますが、他店に負けない買取価格をお約束します。

またスマホスピタルは、全国に80店舗の大型展開をしており、ほとんどの店舗が駅チカで便利な場所に立地しています。お仕事帰りや買い物のついでに、ぜひお立ち寄りいただければと思います。他店で買取を拒否された方や「こんなiPhoneでも買い取ってくれるの?」と心配な場合でも、一度ご相談ください!

目次へ

まとめ

iPhoneの買取には、ほとんどの店舗で、ある一定の条件があります。故障したiPhoneや動作不良があるiPhoneなど、ジャンク品と呼ばれるiPhoneを買い取ってくれる店舗は多くありませんが、iPhoneの修理業者であるスマホスピタルなら、ジャンク品の買取にも積極的です。

他店で買取を断られたからと、iPhoneの買取を諦めるのではなく、一度スマホスピタルに相談してみてください。明瞭な買取金額を提示するので安心してご利用いただけます。また、お家に眠っている古いiPhoneやガラケーも、この機会に買取りに出し、現金に変えましょう。

目次へ