• TOP
  • お役立ち情報
  • 分離プラン時代に選びたい、Android最新ミッドレンジスマートフォン

お役立ち情報

SCROLL DOWN
iPhone・スマホお役立ち情報

分離プラン時代に選びたい、Android最新ミッドレンジスマートフォン

2019年秋からは改正された電気通信事業法が施工されるため、毎月支払い通信料金と端末代金を切り分ける分離プランが正式に義務化されます。
分離プランでは、端末購入補助がこれまでよりも厳しく制限され、改正法案では2万円が上限になっています。
一方でスマートフォンはハイエンドモデルを中心にますます多機能化が進み、10万円を超える機種も珍しくありません。
そこで、キャリアは価格を抑えながら十分な性能を持つミッドレンジモデルを増やす方向にシフトしています。
今回は、キャリア各社から販売されている6万円以下で買えるスマートフォンを紹介します。
価格は全て税込みで、2019年7月上旬時点の各社のオンラインショップを参考にしています。

ソニーモバイルコミュニケーションズ製のXperia Ace SO-02LはXperia X Compact SO-02J以来のミッドレンジかつコンパクトなXperiaです。
docomoオンランショップでの販売価格は48,600円です。
若年層の利用を想定していて、インカメラはF2.4の120度超広角レンズを採用していて、大人数での自撮りをする人にもオススメです。

Galaxy A30 SCV43はサムスン電子製のミッドレンジスマートフォンです。
auオンラインショップでの販売価格は43,200円です。
MVNOでは、UQ mobileとJ:COM MOBILEから販売されています。
5万円以下の価格に抑えながらも、薄さ8.0mmと重さ約176gの検量設計を実現して、ストラップホールも搭載しています。
アウトカメラも広角と超広角の組み合わせになっています。
6.4型という大きなディスプレイも特徴です。
画面サイズとカメラにこだわるならGalaxy A30がオススメです。

Huawei P30 lite Premiumは、海外の一部ではnova 4eという製品名で販売されているHUAWEI P30 liteをベースにしたモデルです。
ストレージを128GBに拡張したことから、Premiumという製品名になっています。
auオンラインショップでの販売価格は43,200円です。
6.1型のフルHD+(1080×2312ピクセル)液晶を搭載していて、左右はベゼルのほどんとない狭額縁設計になっています。
大画面かつベゼルレス設計で没入感があるため、動画視聴にオススメです。
カメラはLeicaと共同開発したものではありませんが、AIが人物や風景など22種類の被写体やシーンを自動で認識して、最適な画質で撮影します。
なお、HUAWEI P30 lite Premiumは、今回紹介したモデルの中で唯一未販売です。
米国からのHuaweiに対する禁輸措置の影響で、KDDIはP30 lite Premiumの発売を延期していて、発売時期は未定です。

LG style2 L-01LはLGエレクトロニクス製のスマートフォンで、docomoオンランショップでの販売価格は38,880円です。
4万円以下の価格に抑えながらもドコモスマートフォン最大クラスの3900mAhという大容量バッテリーを搭載しています。
カメラ機能としては、被写体を認識するとAIが最適なモードを選択してくれる機能も搭載しています。
とにかくスタミナを気にする人にオススメです。

arrows Be3 F-02Lは、富士通コネクテッドテクノロジーズ製のスマートフォンで、ドコモオンランショップでの販売価格は33,048円です。
米国国防総省の調達基準であるMIL規格23項目に準拠し、1.5mから落としても割れない試験をクリアした頑丈さが特徴です。
画面のスクロールや表示の拡大・縮小といった操作に使えるExliderが、縦横どちらの向きでもスクロール出来るように進化しました。
スマホ初心者でも使いやすいシンプルモードも搭載していて、使い勝手を重視する人にオススメです。
なお、外観やスペックは異なりますが、ソフトバンクからエントリーモデルのarrows Uも販売されています。
価格は30,720円です。

Pixel 3aは、Googleが開発したスマートフォンで、Google直販に加えて、ドコモとソフトバンクが取り扱っています。
Googleの直販価格は48,600円で、ドコモオンラインショップでの販売価格は46,656円、ソフトバンクオンラインショップでの販売価格は57,120円となっています。
Pixel 3aのカメラ機能は上位モデルのPixel 3と大差なく、今回紹介する機種の中では最も優れていると言っても過言ではないでしょう。
シングルカメラながら背景のぼかしが出来ることや、鮮明な夜景を撮影することが可能です。
被写体を自動的に認識して、その被写体についての情報や、それに似たものの情報を取得することが出来る機能であるGoogle Lensにも対応しています。

総務省登録修理業者
iPhone・スマホ修理のスマホスピタル博多駅前店
●住所:〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-26-14 第2宮島ビル2F 
博多駅(博多口)から徒歩5分

●お店の近くに提携の駐車場も完備
提携駐車場 セイワパーク博多駅前
福岡県福岡市博多区博多駅前3-27-14
駐車券をご提示頂くと200円サービス券を差し上げています。

●電話番号:092-475-7007
●営業時間:10:30~20:30

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。