お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 バッテリー交換のタイミングはいつ?

iPhoneやiPad、Androidスマホを長く使っているとどうしてもバッテリーの劣化って気になりますよね?

バッテリーの寿命や交換のタイミング、その他いろいろな故障の事例などを紹介していきます。

 

smartphone_juuden

 

バッテリーの寿命

 

寿命は2年と言われていたり満充電500回と言われていたり様々ですが

減っては充電を繰り返しているとどうしてもパフォーマンスが低下していきます。

外で1日使っていると帰るころにはバッテリーが切れているのは困りますよね…

 

交換のタイミング

 

iPhoneはわかりやすいのですが、設定画面からバッテリーの状態というものが確認できます。

あくまでも目安ですが80%付近になると交換の目安と言われています。

Appleで交換する際にも80%を切っていると交換可能という基準になっています。

 

なぜ80%なのか

 

最大容量が80%ということは、画面表示上100%になっていても実際は80%しか溜まってないですよ!というものです。

正規店の交換基準ということもありそのままにしていると様々な不具合が出てきます。

どのような不具合があるのかご紹介していきます。

 

充電がすぐに切れる

 

smartphone_battery_off

 

寝ている間に充電をしてから出かける方が多いと思いますが、出先で見ると20%になっていたり

すでに電源が切れてしまっていたりということが起こってきます。

 

起動が出来なくなる

 

先ほどの症状の延長線上にあるのが起動不可という症状になります。

バッテリーが弱りすぎてしまった結果、起動に必要な電力すらもなく起動できない状態になるものです。

 

リンゴループ

 

バッテリーにかろうじて起動する力が残っている場合、起動してリンゴのマークがつくのですが

そこから先に進まずリンゴが付いたり消えたりを繰り返しているリンゴループという症状です。

 

充電反応が無くなる

 

バッテリーが極端に弱ると充電すらされなくなってしまって完全に起動不可になってしまいます。

充電口が悪いと思って持ち込まれる方も少なくないですがバッテリーの可能性もある症状となります。

 

まとめ

 

このようにいろいろな故障の原因となり得るバッテリーの劣化ですが

長く使っているとどうしても避けることはできません。

なので体感的に持ちが悪くなってきたなと思ったら早めの交換をお勧めします。

バッテリー交換で済んでいたものを様々な故障のせいでほかにもパーツ交換が必要になったり

起動できなくなってデータすら残らないなんてことになる前に、バッテリー交換をしましょう。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。