お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 auがついに新料金プランを発表!1・auからも「Xperia 1」が登場

今日から2回に渡って「auがついに新料金プランを発表!」についてお話していきたいと思います。

KDDIと沖縄セルラー電話は、6月1日から新しい料金プラン「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」を、2019年夏から「auデータMAXプラン」を提供します。

新auピタットプランは2017年7月に導入された「auピタットプラン」の内容を改定したものになっています。
料金変更のステップが4つから3つになり、データ容量の少ないユーザーにより使いやすいプランになりました。
月額料金は2980円のまま据え置きになっています。
各ステップの月額料金は、ステップ1(~1GB)が2980円、ステップ2(~4GB)が4480円、ステップ3(~7GB)が5980円となっています。

どのステップでも「家族割プラス」が適用出来、ステップ2と3では「auスマートバリュー」による割引が適用出来ます。
両方の割引を最大限適用した場合の月額料金は、ステップ1が1980円、ステップ2が2980円、ステップ3が4480円となります。

このプランの提供開始に伴って、現在提供中の割引プログラム「ケータイ→auスマホ割」の対象プランと条件が6月1日から変更されます。
ケータイ→auスマホ割では、適用条件を満たす契約者が加入しなくてはいけないプランが新しいプランに変更されます。
通話定額ライトを契約している場合は月額1000円の割引、通話定額を契約している場合は月額1700円の割引が契約翌月から12ヶ月間割引されます。

auフラットプラン7プラスは、月額5480円のパッケージプランで、家族割プラスやauスマートバリューを適用させることが可能です。
両方の割引を最大限適用させると、月額3480円で利用出来る計算になります。
このプランは月額7GBまで通信することが可能で、+メッセージ、Facebook、Instagram、Twitterはデータ通信容量にカウントしない特典が2019年秋以降に提供されます。
このプランで通信容量を超過した場合は、最大128kbpsの通信速度制限が掛かりますが、2019年秋以降には最大300kbpsに緩和される予定です。

auデータMAXプランは、5G時代を見据えた新しいパッケージプランで、月額料金は8980円です。
端末端での国内月間データ通信容量に上限がなく、テザリングオプションも無料で利用することが可能です。
家族割プラスやauスマートバリューを適用させることが可能で、両方の割引プログラムを最大限適用させると、月額6980円で利用出来ます。
ただし、テザリングの通信、データシェア利用のシェア子回線による通信、海外でのデータ通信においては、月間20GBのデータ通信容量が設定されています。
また、一定期間内に大量の通信があった場合は混雑時間帯の通信速度が制限される場合があります。

次回のブログに続きますので、ご期待下さい!

●auからも「Xperia 1」が登場
KDDIがソニーモバイルコミュニケーションズ製のスマートフォン「Xperia 1」(SOV40)を2019年6月中旬に発売します。
Xperiaはソニーモバイルコミュニケーションズのスマートフォン・タブレット端末、タブレット端末などのブランド名です。
カラーバリエ―ションは、ブラック、ホワイト、グレー、パープルの4色のラインナップになっています。
Xperia 1は、スマートフォンとして世界初の4K解像度の有機ELディスプレイを搭載したモデルです。
6.5型のディスプレイはアスペクト比を21:9にすることで、縦と横の表示領域が拡大するだけでなく、本体幅を72mmに抑えることに成功しています。
21:9のアスペクト比に対応したゲーム「アスファルト9:Legends」「フォートナイト」「伝説対決-Arena of Valor-」がプリインストールされています。
2つのアプリを一緒に表示させるマルチウィンドウも、従来よりも1画面あたりの表示スペースが増え、資料を見ながらメールを返信したり、スポーツ動画を見ながらSNS投稿をしたり、2つのショッピングサイトを比較するといった用途で活用出来ます。

背面には約1220万画素のカメラを3つ搭載しています。
標準と望遠と超広角レンズで構成されていて、2倍までの光学ズームに対応しています。
標準レンズが26mm/F1.6、望遠レンズが52mm/F2.4、超広角レンズが16mm/F2.4となっています。(36mmフィルム換算)
ソニーのデジタル一眼カメラ「α」の技術も採用しており、瞳にフォーカスを合わせる「瞳AF」や、動く被写体にフォーカスを合わせながら露出も調整して連射する機能が利用出来ます。

プロセッサはSnapdragon 855で、メインメモリは6GB、内蔵ストレージは64GBで、バッテリー容量は3200mAhとなっています。
ストレージはグローバル版の128GBから半減しています。
そのかわり、日本向けの機能としてFeliCa(おサイフケータイ)やワンセグ/フルセグの視聴に対応しています。

ディスプレイ面にはロゴがなく、背面にはグローバル版と同じく、中央に「SONY」ロゴと下部に「XPERIA」ロゴがあり、その下に「SOV40」の型番が明記されています。
2019年5月14日から発売日前日までにXperia 1を予約して購入した全員にau WALLET残高に5000円キャッシュバックするキャンペーンを7月31日まで実施します。
還元時期は8月下旬以降となっています。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。