お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneの容量に空きはありますか?ない方は要チェックです!

iPhoneをご利用している方で、お使いのiPhoneストレージを確認したことはありますでしょうか?

iPhoneのストレージがいっぱいになっているとiPhoneが壊れてしまうことがありますので、

できるだけこまめに確認していただくことをおすすめします。

そんな中、今回はiPhoneのストレージとは何かという点や、

容量がiPhoneをご利用している方で、お使いのiPhoneストレージを確認したことはありますでしょうか?

 

iPhoneのストレージがいっぱいになっているとiPhoneが壊れてしまうことがありますので、

 

できるだけこまめに確認していただくことをおすすめします。

 

そんな中、今回はiPhoneのストレージとは何かという点や、

 

容量がいっぱいの状態だとどうなるのかをご紹介致します!

iPhoneのストレージとは?

iPhoneを購入していただくときに64GB、128GB、256GB、512GBなど種類がありこの中から本体を選んでいると思いますが、この数字の意味合いがわからないという

方も多いと思います!

この数字は、iPhoneの中に保存できるデータ量になっているのです!

Androidの場合は、32GBが固定で使えることが多く、データが増えてしまうとSDカードに移行させることでデータを増やすことができますが、iPhoneの場合はSDカードが入らない構造になっているので、本体を購入していただくときに決めた容量から増やすことができないのです!

ストレージ=容量ということになりますが、お使いの容量をぎりぎりまで使っているとiPhoneの設定から通知が来て容量がいっぱいですと警告が出るので、出ている方は不要なデータを消していただくとよいでしょう!

iPhoneのストレージは、写真が多い方であったり、アプリが多いという方はがいますが、お使いのiCloudであったり、Eメールの溜め込みもストレージいっぱいになる原因ですので、不要なメールを消していただくと少しは緩和されると思います!

 

iPhoneのストレージいっぱいのまま放置はよくない?

ストレージがいっぱいになっていると動きも遅くなりますし、バッテリーの使用電力も増えてしまいます!

しかし、一番怖いのが「リンゴループ」という状態になることです。

容量がいっぱいの状態でアップデートをしてしまったり、起きたら起動しなくなってしまったということがありお持ち込みしていただくことが多くなりました!

アップデートのときは単にosが上がるだけではありません!

新しい機能も同時に搭載されるため保てる容量を超えてしまうとシステムが壊れてしまいリンゴループになることがあります!

システム不具合になる前にこまめに容量の空きを作ってください!

容量がいっぱいの状態でリンゴループになってしまうとエラーが起きてしまい初期化をしないと本体を使うことができなくなってしまうためできるだけ防止をお願い致します!

iPhoneはAndroidとは違い拡張ができないので、機種変更前には現状お使いの容量を確認して余裕のある本体を購入してください!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。