お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 携帯が濡れてしまった時はお任せください!!

 携帯が水没してしまった!!

 

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e6%b0%b4%e6%b2%a1

 

スマホをあやまって
お風呂やトイレに落としてしまった!!
料理を作ろうとスマホでサイトを見ながら
作っていて落としてしまった!!
なんてこと結構ありますよね…。

そんな時!間違った対処の仕方してませんか?
間違った対処の仕方をしてしまうと
大切な携帯が元に戻らなくなってしまいます。
適切な対処の仕方についてお伝えします!!

 

濡れてしまった!まずは焦らずこれを!!

電源を切る

水没して携帯が動くか確認を!と
すぐに電源を入れたくなるところ
ですが、ちょっと待ってください!!

端末の内部にまで水が入り込んでしまうと
重要な基盤がショートする可能性が
高くなりますので注意してください。

また電源が入った状態で水没してしまった場合でも
ショートする可能性がありますので必ずOFFに!!

 

水分を拭き取る

内部に水滴が入らないように
タオルやキッチンペーパーで水分を拭き取ります。

ジャックや充電口の水分も忘れずに拭き取ってください。

 

SIMカードを外す

SIMカードを先に外しておけば
スマホが水没故障したとしても保存
されている情報は保護できる可能性があります!!
バッテリーが外せる機種の場合は
バッテリーも外しておくと安心です。

 

乾燥させる

本体を6時間ほど天日干しし、乾燥させる。
その際の注意は気温が暑い日には形態が高温になり
中身が壊れてしまう可能性があるので様子を見ながら
乾かしていくのがいいかと思います。

 

乾燥剤と一緒にジップロックに入れる

乾燥剤だったらなんでもいいわけではありません!
使用できるのがシリカゲルという乾燥剤です。

この中に入っている粒が青色ならまだ使える
状態でピンク色になっていると湿気などを
吸い取ってしまっている物になりますので
使っても意味がありませんので
青色の状態の物を使用してください!

青色の状態の乾燥剤と携帯を
ジップロックに入れて密封して
放置しておくのみです!!
元に戻る事を祈りましょう。

 

 逆にやってはいけないNG行為!!

充電する

まだ生きてるかも!と
充電して確かめようとしてしまいがちですが
してしまうと端末に電気を流してしまうので、
基盤がショートしてしまう
可能性が高くなるのでやめましよう!

 

ドライヤーで乾かす

とりあえず急いで乾かして状態を確認しよう!
と早めに乾かす方法としてドライヤーを!と考えて
しまう所ですが、ストップです!!

ドライヤーの温風で携帯が熱くなりすぎてしまうことで
回路が故障する原因になる可能性があります。

では冷風でやればいいじゃないか。
と考える方がおられると思いますが冷風ではある程度
気密性が保たれているも風圧で水が入ってしまう可能性
がある為、ドライヤーの風を当てるのはそういうリスク
も高める為やめておきましょう!!

 

ひどくなる前に修理に出しましょう!!

スマホスピタルでは早急に対応させていただきます。
機種、混雑状況にもよりますので一度店舗にご連絡
していただくとスムーズかと思います。

水没は時間経過してしまうと復旧する可能性が低く
なってしまいますので早めにスマホスピタルに
お持ちください!!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。