お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 iPhone 12の内部に迫る!その内部とは

本日は、iPhone 12を修理した際の内部の構造の説明をしたいと思います!

 

絶対的に違うのは、iphone 12からは本体を開けるときに右開きではなく、左開きになってます

いつものように修理で開けてしまうと、確実に液晶のコネクターが破損します

加えて、本体を開けるときにも本体底面のネジを外してから

底面から開けようとすると、液晶部分がこれまでの端末とは違って

液晶面との近さもあるので、開ける工具の先端が触れるとすぐに液晶が破損してしまいます!

では中身の部分に触れていきましょう
12中

 

 

 

 

 

 

 

このように中身はずいぶんスリムに配置されております。

まず中央に見える大きい長方形のモノですが

こちらは【バッテリー】になっており

Appleロゴも大きく印字されてます。

バッテリーの下にはNFCと言い

置き型充電やお財布ケータイの機能があるセンサーがついてます。

 

その上にある銀のパネルに覆われているのが

【背面カメラ】になってます。

その隣にあるのが

【フロントカメラ】になっており

手前側のカメラが配置されており、2穴カメラがついてます。

 

その他、バッテリーの左にあるのが【基板】となっており

そのまま下に見ていくと

SIMカードスロットや、SDカードスロットがあります。

その下に小さくAppleマークがあるのが【バイブレーター】になっており

マナーモード中の振動や着信時の振動などの各種バイブレーターをつかさどってます。

そして本体底面にあるのが充電口となります。

 

このようにスマホの中身を見ていると如何にして省サイズで端末が構成されているかが分かります。

ご自分でご自分自身の端末を分解するのは、余程の理由がないとしないと思いますが

もし、壊れてしまって破棄する前には一度どんな感じか見てみるのも楽しいかもしれませんね。

当店では、各種色んな修理も行っておりますので

ぜひ、お問い合わせ、ご相談くださいませ!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。