お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 ウイルスが侵入しましたという通知が来た場合

iPhoneはウイルス入らないから大丈夫!と思っていませんか?

以前まではAppStoreのみアプリをダウンロードできていましたが最近はブラウザからアプリのダウンロードが可能になっています。

その場合はAppleの審査を受けていないアプリをインストールすることになるのでリスクがあります。

もしウイルスが仕組まれている場合は感染してしまうかもしれません。

 汗(;'∀')

今回ご紹介する内容は先ほどとの話とは違いカレンダーを浸食するスパムです。

このスパムを踏んでしまうと恐ろしい通知が止まらなくなります。

 理屈は簡単でカレンダーアプリの通知機能を悪用されているだけです。

なので「ウイルスに感染しています」という表示が出てもこの場合気にしなくてもいいです。

これはどういった意図があるかというと

使用者を心配させて高額なウイルスソフトを購入させたり個人情報を抜くことがスパム作成者の目標だと思っています。

なので、表示に踊らされないように対処法を知っておきましょう。

カレンダーに自分で追加した予定は個々に消去することが可能ですがこのスパムは消去することができません。

外部のカレンダーと連携されてしまっているからです。

なのでこの連携を解除することによりカレンダー上の変な表示は消えます。

解除方法は「設定」→「カレンダー」→「アカウント」の中にある身に覚えのないアカウントを選択し

「アカウントを消去」を押せば連携は解除できます。

注意点としてはご自身で利用しているカレンダーなどを消してしまうと連携が解除されてしまいます。

もし消してしまった場合は新しく連携させれば問題ないです。

スパムホップアップ

そもそもの原因はこのホップアップで「OK」を押す事です。

この表示が出ても落ち着いて「キャンセル」を押せれば問題はありません。

色々なコンテンツが無料で楽しめる分広告が表示されたりするような環境で慣れてしまっているせいか自然な流れで「OK」を押してしまう方もいるみたいです。

ちなみにiPhoneで触っていないのに勝手に操作されるゴーストタッチと呼ばれる症状はウイルスではなくiPhoneの故障になります。

タッチパネルが暴走してしまっているので画面交換修理を行う事で改善することが多いです。

スマホスピタルでも修理を承っていますので是非一度お問い合わせください。

また、ウイルスバスターというウイルス対策ソフトも取り扱いしておりますので合わせてこちらもいかがでしょうか。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。