お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 ガラス割れの放置は危険です!

iPhoneはガラスが割れてしまっても、タッチはできることが多く

バキバキの画面のまま使われている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、ガラス割れの放置は非常に危険です。

最悪の場合データが初期化されてしまう状態になってしまうことも

 

今回はそんな画面割れについて、

放置しておくと起こりかねない不具合とその対策についてご紹介します。

 

ガラス割れのまま使い続けると起こる症状

iPhoneの画面は、

・最前面のフロントガラス

・タッチ操作を検知するデジタイザ

・映像を表示する液晶ディスプレイ

の3つが組み合わさって動作しています。

 

多くの場合、フロントガラスが割れてしまうことをガラス割れ

液晶ディスプレイの表示異常などを液晶割れと呼びます。

 

ガラス割れのみであれば、映像の表示とタッチ操作はできるため

見辛いものの使えなくはないという状態になります。

そのため、割れたまま修理を先送りにして使うことができてしまいます。

 

ガラス割れをそのまま放置していくと、タッチして画面を押したり、

持ち運ぶときの負荷によってデジタイザや液晶にダメージを与えてしまう危険があります。

 

デジタイザが故障してしまうと、タッチ反応が正常ではなくなり、

触った場所とは違うところが反応してしまうなどの不具合が生じることがあります。

こういった状態になってしまうと、画面ロックのパスワードを正常に入力することが困難になり

スマホとしてもほとんど機能しなくなってしまうことが考えられます。

 

液晶ディスプレイが破損してしまうと、

映像の表示に残像が残るように見えてしまったり、

表示の一部が黒いしみのようなもので塗りつぶされてしまったり

電源を入れても真っ黒の画面のままで一切表示がされなかったりなど

画面表示に関するさまざまな異常が発生する危険があります。

 

画面が見えなくなってしまうと引き継ぎ設定などもできなくなってしまうので

予めバックアップなどをしていなければデータを失ってしまう可能性も出てきてしまいます。

 

 

動作異常が起きてしまった場合は…

例えば、タッチが正常に反応せず思うように操作できない場合は

意図しない操作でデータを消してしまったりする可能性もありますので

早急に修理をする必要があります。

また、修理するまではできるだけ電源を切っておき、

タッチパネルが誤作動しないような状態にしておくことが賢明です。

 

液晶表示に異常がある場合も、早めの修理が必要です。

一部見えないだけといったときでも、時間とともにその範囲が広がることも多いです。

症状が悪化して別のパーツに悪影響を与えたりする前に修理しておくことがおすすめです。

 

 

 

スマホスピタルでは、iPhone各種液晶パネルの交換修理を承っております

部品在庫があれば基本的に即日での修理が可能な内容となっておりますので、

お困りの際はぜひ一度ご相談くださいませ。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。