• TOP
  • お役立ち情報
  • 【iPhoneのカメラは高機能】今の時代はスマホ1台でプロ動画撮影できる
お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 【iPhoneのカメラは高機能】今の時代はスマホ1台でプロ動画撮影できる

iPhoneのカメラは高機能

こんにちは、いつもお世話になっておりますスマホスピタル大宮店スタッフでございます。さて、動画撮影についてですが、今の時代、動画サイトから企業のホームページまで動画のコンテンツが大人気。スマートフォン(以下、スマホ)のカメラ性能が年々高まっていることもあり、動画をスマホで作成、そしてWEB上にアップする人も少なくありません。SNS等でもよく再生される動画はスマホ一本で撮影してる動画もよく見ます。

今回の記事はスマホでどのように撮れば良い動画が作れるか、書いていきたいと思います。

ちゃんとした一眼カメラとスマホカメラの違いとは

みなさん、知ってそうで案外知らないことだと思いますが、一眼カメラとスマホのカメラの違いって知っていますか?簡単に言えば、「イメージセンサー」のサイズが全く違うということが言えます。イメージセンサーはどのデジタルカメラでもスマホのカメラでも搭載されており、レンズから入ってくる光を電気信号に変換し、データ転送して映像として出力されます。一眼カメラとスマホカメラではそのセンサーのサイズが大きく異なるため、画角の違いが発生し、背景がボケたりと色々と支障が出てきてしまいます。

「じゃあ、スマホだと良い動画は撮れないの?」と思う方も居るかとは思いますが、実際はそんなことありません。

最新のスマホでも良い映像作品は作れますし、光量が確保できるシーンであれば、色んな映像が撮影できます。スマホ用のジンバル(ブレを抑える機材)も発売されているので、歩きながらブレのない撮影もすることも可能です。

撮り方の工夫が大事な要素

まず、撮影する場合の大前提ですが、スマホカメラではどうしても一眼カメラには勝てません。しかし、撮り方や編集を工夫すれば良い作品を作ることが可能になります。その動画のアップする場所や完成形のイメージを元に撮り方の工夫を少ししてみましょう。

Point①「横撮り?縦撮り?

動画を撮りなれてない方はあまり気づかなかったりしますが、スマホを立てるか、横に寝かせるか、どちらの向きで撮影するかが実は大事なポイントになります。簡単に言うと、SNSのInstagramにアップする場合は縦撮り、Facebook・YouTubeは横撮りがベスト。特に使用場所が決まっていない場合、横撮りで撮影しておくのが汎用性が高くておすすめですね。縦向きの動画をスマホではなく、PCやテレビで再生すると、動画が小さくなることがあるため、サイズを編集しやすい横向きにするのが良いとされています。なので、動画を所定のWEBサイト上に掲載したり、テレビ等で視聴したりする場合は、横向きで撮影しましょう。また、動画を撮影するときに大事なのは、撮りたい向きを固定してから録画ボタンを押しましょう。スマホは、録画ボタンを押したときの向きで撮影されるようになっています。

Point②「手ブレを防ごう!」

初心者にはよくある失敗がもう一つあります。それは、編集するときの大敵。 「手ブレ」です。まず、縦撮りも横撮りも必ず両手でしっかりとスマホを持ってください。左手でホールド、右手で録画ボタンを操作するのが一般的で、このときに脇をしっかり締めてカメラを固定しましょう。自分の身体を三脚にするイメージで、脇を閉めて腕を動かさないことが大事です。また、しっかりとホールドしても、多少は手ブレは発生してしまうもの。その場合、安いものでも十分なので、スマートフォン用の三脚を使用してみてください。

Point③「人物撮影はサイズが重要」

人物撮影は、サイズがかなり重要です。サイズ次第では、視聴者の受ける印象に変化がおこるので、こちらを参考にしてみてください。

基本的にサイズは下記4つに分けられます。

撮影サイズ
クローズアップ(頭に焦点を当てる)
フル(足先から頭まで)
ウエストアップ(腰から上)
バストアップ(胸から上)

人物がメインの動画では、バストアップで撮影しましょう。あとはたまに飽きないようにクローズアップを間に入れると、少し作りこまれたその人の内面に踏み込んだ動画ができます。全体から一人に焦点を当てたい場合、全体を画面に入れてから一人のフルショットにカットインして、バストアップかクローズアップにしてください。また、編集素材として色々なサイズも撮っておくことが重要です。

Point④「解像度は使用目的で設定しよう」

スマホによっては、解像度の設定が可能。撮影した後に解像度を下げることはできるのですが、上げることはできないので撮影時に解像度を設定しましょう。

主要な解像度下記となります。

解像度
VGA:640×480
HD:1280×720
フルHD:1920×1080

スマホで高画質、そして美しいフルHDで撮影するとなると、データ量が非常に大きくなります。なので、十分な保存容量があるかどうか、事前に確認してください。保存容量が十分にあるのであれば、できる限り解像度は高く設定しておきましょう。また、動画サイトなどにアップすることを目的としている場合は、VGAの解像度でも十分。

Point⑤「明るさ問題」

スマホで動画を撮影すると、思ってたより暗くなることありませんか?明るさで大事なのはやわらかくて均一な明かりの下での撮影なので、基本的に光源は、撮影媒体の後ろ側において逆光にならないようにしてください。屋内は、特に暗く映りがちになりますので、照明は多くして、全体的に明るくして撮影しておきましょう。また、カメラを窓の近くに置き、自然光も取り入れながら蛍光灯も使うのも一つの手です。屋外なら、晴れた日和も曇りの日に撮影すると見栄えがよい印象になります。晴れた日に撮影する場合は、日光のまぶしさと影を避けるために日陰での撮影を心がけてみてください。

Point⑥「スマホアイテムや編集アプリでハイクオリティ動画を目指そう!」

今ではスマホアイテムとして一眼レフっぽくできる外付けレンズが販売していたり、動画加工アプリ等あるのでそちらを上手く使えばかなり良い動画ができます。アプリに関しては有料のものから無料のものまで多数あるので、用途によって色々なアプリを使っていくのも一つの方法です。

今回のテーマ【動画撮影について】のまとめ

動画撮影や編集は奥深いもの。簡単に作成できる反面、動画撮影を極めようとすると色々な知識を増やさなければいけないこともあります。今回は簡単な説明ですが、他にも動画を上手く撮る方法はありますのでご自身にあった撮影方法を見つけてみてください。

大事なカメラが壊れたらスマホスピタル大宮店へ

動画撮影で一番大事なのはカメラです。そのカメラが故障していたら、せっかく良い動画を作ろうと思っていても意味がありません。もし、お手持ちのスマホのカメラ機能が故障していたらすぐにスマホスピタル大宮店にご相談ください。大宮付近にお住まいの方以外でも、秋葉原や川崎等にもありますのでぜひお気軽にお立ち寄りください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。