お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 iphone内の壊れやすい部品とは?

iphoneは故障率が低いスマートフォンではありますが、利用者が毎日欠かさずに利用するため、部品自体が原因で壊れる事はありませんが、経年劣化で特定の箇所が壊れてしまう事は多いです。

逆に言えば本体自体が経年劣化で壊れず、あくまで特定の箇所だけの故障で済んでいる事こそ、iphoneの品質の高さを証明するポイントかもしれません。

物理的に利用者が毎日、高い頻度で利用するホームボタンは経年劣化によって壊れしやすいです。

ホーム画面を呼び出したり、利用中のアプリ一覧を確認するのに利用したり、siriを呼び出すのに活用したりと、ホームボタンは日常的な操作で酷使されています。

またドックコネクタもまた酷使されやすい箇所です。
充電ケーブルは充電のために毎晩挿入されるため、その部分が長期間の利用で劣化したり、破損するケースは少なくありません。

特にヘビーユーザーが痛めやすいところで、頻繁にケーブルを抜き差しすると劣化が早くなります。

そして液晶画面もまた壊れやすい部分です。

そこは経年劣化とは関係なく、元々大変デリケートな部品なのでiphoneの画面に重たい物や鋭利な刃物等を落としてしまうと、割れてしまう箇所です。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。