お役立ち情報

SCROLL DOWN
iPhone・スマホお役立ち情報

ほんやくコンニャク!?

最近、AIだニューラルネットワークだと機械の新時代が到来しそうな予感がプンップンですよね!

ドラえもんとかターミネーターとか、そんな世界も遠くはないんじゃないかなって思ってしまいます。

 

冒頭とは重なりますが、ニューラルネットワークを利用したAIを導入したGoogle翻訳が、近頃格段に精度を上げています。

Google翻訳では100を超える言語を扱い、その翻訳の組み合わせといったらすごい数の翻訳作業が可能なワケですがそれぞれをちまちま学習しているのではなかなか精度向上は見込めません。

たとえばですが、日本語・英語の翻訳と中国語・英語の翻訳作業はお互いにたくさん行われていてすでに学習が進んでいますが、日本語・中国語間の翻訳は学習機会が少なく精度不足かもしれません。たとえばですよ。

そうすると日本語・中国語間での翻訳は学習も進まなければ精度も上がらず、の負のスパイラルに陥ります。

ところが事実は違っており、AIは2言語間の翻訳をただただ暗記するのではなく入力された文章をしっかりと理解してほんやくコンニャク的なものを構築し始めているそうですよ!100%そうとは言えないそうですが。どゆこと

つまり確実なことはいえませんが、AIが自分で文章の意味を理解して噛み砕いて、そこから各言語への翻訳を行えるようになり始めている、ってことです!

 

本当に人間の脳のようになってきたAI(人工知能)ですが、そこまで精度があがってくるとなると翻訳家は職を失ってしまいそうですね。あーこわい。

粋な翻訳をしたり意訳などで人工知能との差別化をすることが仕事、という時代になってくるのでしょうか。

最近のその辺りの発展スピードを思うと翻訳家に限らずどの仕事でもそうなるなじゃないかとも感じますけどね。

 

私的にはニューラルネットワークがどう動いているのかを「100%正しいとは分析できない」という点に、人間が機械を支配する時代はもう終わっていて共存していく時代が来たのかなあと、なんとなく新時代の到来を感じる次第であります。

そんなこと言われるとそのうち機械に支配されるんじゃないかとも思ってしまいますがその辺はたいして心配いらないそうですよ。なんでそこだけそんなにはっきり言えるんだって感じですけどね。

 

とりあえず高校の英語とか、大学の第2外国語の課題とかはいちいち辞書見ながら課題をやらなくてよくなりますね!

もしかしたら「課題の解答にGoogle翻訳を使っているかどうか判定してくれるAI」なんてのも需要ができたりするのかもしれませんね。いろいろ複雑です。

よいこのみなさんはちゃんと紙辞書でお勉強しましょうね!

 

210-0006

神奈川県川崎市川崎区砂子1-1-1 追川ビル3-A

スマホスピタル川崎店

044-233-5543

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。