• TOP
  • お役立ち情報
  • iTunesを使ってバックアップをする際のメリット・デメリットとは?
お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 iTunesを使ってバックアップをする際のメリット・デメリットとは?

アイフォンのバックアップを取る方法として、I Cloud を使った場合のメリット・デメリットをご紹介しましたが、今回はもう一つの方法、iTunesを使ってバックアップを取った場合のメリット・デメリットについてご紹介したいと思います。

 

まずiTunesを利用した際のメリットと言えば何といっても、iCloudでバックアップを取ることが不可能なデータもiTunesなら可能になることです。iCloud ではできない、Apple store で購入したApp のデータやAppの設定まで保存されるので、iTunesでバックアップを取っていれば、新しいアイフォンを購入した場合もほとんどのデータの復元が可能となります。また、iTunesのAppさえインストールしていれば完全無料でバックアップを取ることができます。

 

iTunesを利用してバックアップを取るデメリットとしては、パソコンのディスク容量を使うので、パソコンによっては容量が重すぎて動作が遅くなってしまいます。iTunes でバックアップを取ると決めている人は、予め容量が大きいパソコンを利用するのがよいでしょう。そして、その他のデメリットとしては、バックアップを取るのに手間がかかるのと、パソコンがなければバックアップを行えないことです。

 

いかがでしたか?iCloud もiTunesも良い点と悪い点どちらもあるので、使う用途に合わせてどちらを使うか見極めることが大切でしょう。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。