お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 危険な迷惑メール Apple製品の方は気をつけて!

 

みなさん”迷惑メール”が受信された経験ありませんか?

迷惑メールの中にもいろいろな手口があります。

 

オレオレ詐欺のような家族を装っての振込依頼や

出会い系異性や芸能人からの「今から会える?」などの誘惑や

「当選しました!」などの換金受け取り案内 などなど様々な内容です。

 

 

 

中には、すぐに迷惑メールだとわかるものもありますが、

見分けのつかないほどの内容でみなさんを騙そうとしているものもあります。

 

私の周りでも実際にあった怖い体験談なのでみなさんにも

ぜひ知っておいてほしいのでお伝えしたいと思います。

 

とくにこれはiPhone(アイフォン)などの

”Apple”製品をお持ちの方に注意してほしいです!

 

まず差出人に”Apple”と表示されています。

これはApple社も同じなので全く見分けがつかないです。

 

また、内容も信じてしまうような内容が多いです。

 

実際に受信された内容は以下の通りです。

 

件名:ご利用のApple IDがブラウザ上のApple Storeへのサインインに使用されました

 

内容:セキュリティ上の理由により、お客様のApple IDがロックされています。

システムがいくつかの不成功を試みを検出しました。

 

日付と時刻:7月16日

のブラウザ:Chrome

オペレーティングシステム:Windows8.1

アカウントのロックを解除する前に、

身元を確認する必要があります。

 

に行く(Apple ID)すぐにあなたの情報を確認してください

 

このような内容です。

 

よく見ると少し文章がおかしいですよね。

ただ、件名や最初の文章だけをみた場合

「誰かに携帯情報を覗かれてしまっている!」

「私の携帯が乗っ取られた!」などと驚いて完全に信用してしまいがちです。

 

文章やメールのテンプレもそっくりで、

リンゴマークがあったり、Apple社の実際のメールとほとんど同じです。

 

また、実際に添付されているURLにログインをしても

Appleサポートセンターのサイトにそっくりなのです。

これは一度信じてしまい、パニックになっていた場合は

完全に相手の思うツボです。

 

実際にApple社の方にどうすれば見分けられるのか対策方法を聞いてきました!

 

・差出人のメールアドレス詳細まで見てアドレスがApple社のものか確認する

・Apple社からのメールには〇〇様とフルネームをつけているが

迷惑メールには名前の記載がない

・Apple社とのメールを比べて見ると、若干の差ではあるが

リンゴマークの位置や大きさ、文字のくすみなども違う

・サポートセンターのサイトも似ているが写真がずれていたり

色彩がおかしいものが多くい

 

このようにまずメールアドレスが違ったり、

自身の名前が記載されていない場合はまず警戒しましょう。

 

それでも不安な方はそのメールからではなく、

Appleサポートセンターの連絡先をSafariなどで検索し

電話で問い合わせてみることが一番の対策法です!

ぜひ覚えておいてください!!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。