お役立ち情報

SCROLL DOWN
iPhone・スマホお役立ち情報

水没したiPhoneの正しい対処法とは?

スマホスピタルでは水没したiPhoneの水没復旧作業を行なっております。

前提として水没したiPhoneの復旧作業というのは完全に復旧させることはできません。

修理店といたしましても一時的な復旧というのを目的としており

中のデータがどうしても必要な方や、バックアップを取っていない方におすすめしている作業となります。

そもそもですが水没したスマホはどのように処理をすればいいのか?

水没したiPhoneの処置方法
水没してるスマホ

お風呂場や、海水浴、プールで使用しているスマホは

充電口などのわずかな隙間から水分が浸入し

中の基板を腐食していきます

基板が腐食すると電気の流れが滞り電源がつかなかったり

リンゴループ等の不具合が起こります。

電源を付けない

最も、重要ですぐに出来る処置が電源を付けない事です

水にぬらしてしまっても、電源がついてるから大丈夫かと思いそのままスマホを使用される方が多いですが

中に水分がはいってしまっていると、内部の基板を腐食していきある日突然電源がつかなくなります。

そうならないためにも、電源はすぐに落としてすぐに修理店もしくは正規店にお持ちこみください。

振らない

良く水分を抜くために、端末を振るなどの対処法をネット記事などで見かけますが

あまりよろしい対処法とはいえません。

もちろん水分を飛ばす為という事では間違いではないのですが

端末が分解されていない状態で振ってしまうと中の水分を広げてしまうだけですので

むしろダメージを広範囲に広げてしまうだけかと思われます。

やはり一番いいのは修理店等に持ち込んで端末を分解して中の水分を直接ふきとってあげるのが一番です。

他の処理方法についても同じです

お米の中に入れる、冷蔵庫で冷やす

などの方法もやはり分解して水分をふき取るにはかないません。

最も正しい処置方法まとめ

まず水没したら電源を落としてください。

その後、すぐに近くの修理店までもっていきます

修理店ではおそらく、内部の乾燥作業分解して水分をタオル、エアダスターなどで吹き飛ばす作業

その後、エタノールを使用して基板の洗浄作業を行ない乾燥後に組み上げます。

基板部分に大きなショートが無く他の画面やバッテリーのパーツが無事であればこの作業を行なうだけで復旧する可能性がぐんと上がります。

案内はどの店舗も同じにはなると思います。

一時的な復旧になること

データの抜き出しが一番の目的になること

長く使う為の修理ではない事

こちらは事前にご了承下さい。

水没の修理は時間との勝負なところがあります。

水没してから長らく放置していると取り返しのつかない事態にもなりかねない為

早めの処置をお願い致します。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。