お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneが水没した時、内部はどうなってるの?

水に濡れてしまった、お風呂に落としてしまったなどが原因でiPhoneを水没させてしまった…

水没したiPhoneの内部って見たことありますか?

水没したiPhoneの中身

こちらが水没してしまったiPhoneの内部です。

外見では水分を綺麗にふき取ったつもりでも中に入った水分はふき取れず

バッテリーや基板の上に水分が付着しているのがわかります。

他のパーツの上にも水分が付着している状態です。

電源がついていても放置すると水分がついている部分が腐食してしまいパーツの故障に繋がります。

電源がついているから大丈夫と思ってもいきなり電源がつかなくなってしまったりなどの症状が起きてしまいます。

その原因が内部に残った水分です。

内部に水分が入っている状態で電源を入れてしまうとその水分が原因で基板がショートしてしまったり、

パーツの接点が錆びてしまう恐れがあります。

上記の症状が起きてしまうと電源がつかなくなってしまったり、一部の機能が使えなくなってしまいます。

iPhoneの水没ってどこで判断するの?

基盤やSIMカードの差込口にこのような赤いマークがあると水没してしまっています

水没していないiPhoneはこの赤いマークは白色になっています。

iPhoneを水没してしまうとこの白いマークが赤色に変わります。

水没してしまった時の対処法

万が一水没させてしまった時は下記の対処法を実践し、急いで修理に出しましょう!

・電源を切る

・SIMカードトレーを外し、外の水分をふき取る

・ジップロックに乾燥剤を入れ、その中にiPhoneを入れる

水没してしまった時にやってはいけないこと

・電源を付ける

電源を入れたことにより、内部の水分が原因で基板がショートしてしてしまう可能性があります。

慌てて電源を入れてしまいそうになりますが基板の状態を悪化させないために電源はオフにしましょう。

・充電をする

通電してしまうことでショートしてしまう恐れがあります。電源を切るのと同じで通電させないようにしましょう。

・水分を出すためにiPhoneを振る

iPhoneを振ることによって多少水分は出てきますがそれ以上に無事だったパーツに水分が付着することによって症状の悪化

また、別の部品の故障に繋がるので振らずに優しく水分をふき取りましょう。

上記はiPhoneを水没させてしまった時についやりがちな事ですが、

やってしまうと症状が悪化してしまったりする恐れがあるので気を付けましょう!

 

水没復旧修理は修理に出すまでの時間が短ければ短いほど復旧率も上がります!

水没してしまった時はいち早く修理に出しましょう!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。