• TOP
  • お役立ち情報
  • Nintendo Switchのジョイコンが勝手に動く!! どうやって修理しよう?? 修理方法をまとめてみました♪
お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 Nintendo Switchのジョイコンが勝手に動く!! どうやって修理しよう?? 修理方法をまとめてみました♪

最近、ウイルス騒動でおうち時間を過ごされる方が増えてきており、ゲーム機の需要が高まってきています。

もちろん任天堂の最新ゲーム機のSwitchも大人気で購入される方が多く、品薄で入手が困難です。

SwitchのコントローラーであるJoy-Conは単体でも左右2つを横持ちにすることで2人でゲームを同時に遊べるので様々な遊び方ができ、斬新で注目されています。IMG_1011

そんなSwitchのJoy-Conを使っていると、コントローラのスティック部分が勝手に動いたり、操作が効かなくなったりなどする事があります。

今回はそんな症状の時にどうやってJoy-Conを修理するのか注目していきたいと思います!!

Joy-Conのスティックってどの部分??

Joy-Conのスティック部分はSwitch左右のコントローラ部分についているレバーのような部分です。

この部分を操作することにより直感的にゲームを操作することができます。

Switchのみならずほとんどのゲーム機のコントローラには搭載されています。

しかし、物理的に使う部分としては一番使用している部分ではあるので消耗が早く、破損しやすい部分でもあります。

スティックの動作不良の見分けかたは?

Joy-Conスティック部分の故障かどうかは本体の設定画面から確認することが可能です。

まずはSwitchを起動して設定画面を開きます。

設定画面の一覧から「コントローラーとセンサー」を選択します。

次に「スティックの補正」という項目があるので選択します。

「スティックの補正」の選択し、左右のコントローラーの確認したいスティックを押し込みと円と点が表示されるのでそこで確認ができます。IMG_5923

円の中の点が通常は中心に位置しており、操作すると動きます。

触っていないのに勝手に動いたり、操作しても反応がない場合は異常が発生しています。

「スティックの補正」という項目が下にあるので軽微なズレであればそこで修正ができますが改善がない場合はスティクの交換が必要です。

そもそもどうして動作不良が起こるの??

Switch以外にもゲーム機には家庭据え置き型、携帯型どちらもコントローラーにコントロールスティックが搭載されていてゲーム操作をする時に使いますが、勝手に動いたり効かなくなったりする症状に関してはSwitchのみ他機種より多く発生する傾向があります。

一体なぜなのでしょうか…。

それはズバリSwitchのJoy-Conスティック部分の構造に原因があるのです。

Joy-Conスティックを使用しているとだんだん摩耗して削れていき、削れた部分がスティックの接触部分に入り込んでしまい接触不良を起こすというのがメカニズムです。

使用していれば摩耗してスティックが削れていくのは必然なのですが、SwitchのJoy-Conスティックは他機種のゲーム機と比べて摩耗しやすく、削れた部分が入り込みやすいというSwitch特有の故障症状です。IMG_1012

自分でできることはないの??

Joy-Conスティックの部品単体で発売をしているので、自己修理することはできますがオススメはできません。

内部が複雑な構造をしているので修理時に破損させてしまったり、分解はできたけど組み立てることができなくなってしまうこともあります。

改善を図るためのメンテナンスとして、接点復活剤をスティック根本の接触部分に吹き付けることにより軽度症状であれば改善することもあるようです。

しかし、症状が深刻な場合だと改善ができないのでスティック部分の交換が必要です。

スティック修理はどこでするの?

ゲーム機を故障を調整や自分で修理ができない場合は修理を依頼する事になりますが修理先は大きく2つになります。

メーカー(任天堂)の正規修理と町の修理屋の非正規修理です。

Joy-Conスティックの交換修理も任天堂と街の修理店どちらでも対応しております。

それぞれの修理対応の違いを比較してみましょう。

任天堂での修理

任天堂の公式修理ではオンラインサイトで修理依頼をして修理センターに郵送で送るのが一般的です。

修理期間は平均で10〜14日ほどになりますが、最近はウイルス騒動で修理需要も高まっているので更に日にちがかかる事が多いようです。portable_game

また、全国から郵送で修理の依頼が来ているので修理対応までにそもそも時間がかかる事もあるようです。

販売元での修理になるので安心して修理の依頼ができますが、修理完了までのお時間が長いのでその間にゲームができないのは厳しいですね…。

街の修理屋での修理

街の修理屋では部品を常駐している店舗も多く、即日でジョイコンの修理ができる場所が多いです。

SwitchとSwitch Liteのジョイコン修理に違いはあるの??

Switchには2種類ありテレビ出力に対応し、据え置き型としても遊べるSwitchと携行型で持ち運びに特化したSwitch Liteがあります。game_horror_woman

遊べるゲームは同じで操作方法もほとんど同じ機種です。

それぞれ特性は違いますがジョイコン修理の違いはあるのでしょうか。

両方の機種を比較していきたいと思います。

Switchの場合

Switchは据え置き型、携行型どちらも兼ねている為、ジョイコンを外すことが可能です。

外したジョイコンを分解し、内部の故障しているJoy-Conスティックを交換します。

本体と分離してコントローラー単体での修理ができるので修理料金がLiteよりも安く、早い修理が可能です。

Switch Liteの場合

Switch Liteは持ち運び機種なので分離ができず一体型の本体になります。

Joy-Conスティック修理になると本体を分解し色々な部品や基盤を取り外して交換になるのでSwitchに比べてお時間がかかる作業になりますが即日の対応も可能です!!

もちろん通常のSwitchと違う白いスティックの色ですが、色は変わらずそのまま交換対応可能です!!

Proコントローラーはどうなの??

SwitchにはJoy-Con以外に独立したコントローラーとして使えるProコントローラーがあります。

ProコントローラーはJoy-Conと違い、大柄でしっかりと手で保持できゲームがしやすいです。

Joy-Conとはそもそも構造が違うので動作不良が発生することは少ないようですが、スティックの異常は発生はするそうです。

Joy-Conと違い、修理の際ははんだ付けされたスティック基部を基盤から取り外し、交換する必要がある為、修理にかかる作業時間は比較的多くかかります。

今回のまとめ

今回はSwitchで比較的多い修理であるJoy-Conスティックの操作不良症状と修理の選択肢について書かせていただきました。

直接起動やデータに関わる故障ではありませんがゲーム操作に問題があり、ストレスが溜まる故障です。game_yatsuatari

使用していると起こりやすい故障ではあるので修理をする方が多いと思います。

そんな時に修理を検討する際にこの記事が参考になれば良いと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました!!

HS

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。