お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneで写メを綺麗にとる為に!

最近SNSで写真を撮る機会も増えてきていますよね!写真を撮るならやはり綺麗な方が映えますよね!

なので、今回写真にいついての綺麗に撮る為のテクニックをご紹介しますね。

カメラの異常

写真を綺麗に撮る為に

ピント、明るさ調整でかなり印象変わる!

「AE/AFロック」機能を使って、ピントと明るさの基準にする場所を固定することで、明るさを抑えた状態で撮影出来ます。

AEロックの使い方は簡単!画面を長押しするだけです。

ココを撮りたい!という場所を選んで「AE/AFロック」を使ってみましょう。

できるだけ光が密着している所がオススメです。

 

光を華やかに!

「AE/AFロック」を行った後に明るさをあげて撮ると、イルミネーションがより華やかに見えます。

「AE/AFロック」でイルミネーションにピントを合わせて露出を固定して、黄色い四角の横にある太陽のアイコンを上にスライドさせます。

 

逆光を意識し、一味違う写真を撮ろう!

料理を撮る時に気を付けたいのが「光の向き」。

写真って、被写体の正面から光が当たる「順光」が綺麗にに撮れると思いがちですが、実は料理写真が違うんです。料理を撮る時は、「逆光」のほうが遥かに美味しそうに撮れるんです。

 

意図的にずらして、印象的な写真に!

一番見せたい物がセンターより下にくるようにして、上に少し余白を作る事でメイン料理が引き立ちます。上に余白を撮ると、ophoneせ撮影しても奥がボケるので奥行きも出しやすく印象的な写真になり

 

写真が暗い時は明るさ調整で解決

飲食店などの店内は、雰囲気を出す為に、照明が暗い場合のあります。そんな時は、カメラの明るさ調整機能を調節して、綺麗な写真をのこせます。ピントを合わせたい場所を軽くタップすると、黄色い四角と太陽マークが表示されます。太陽マークをタップしたまま上にドラッグすると、写真が明るくなります。

 

太陽を背にして撮ると、色が出やすい

葉っぱを下から撮ると、どうしても逆行になってしまう為、出来上りは、シルエットっぽい写真になってしまいます。

鮮やかな紅葉の写真を撮るには、出来るだけ低い場所にある葉っぱを探して、太陽を背にして撮ってみましょう。

 

葉を逆光で撮る時は明るさを調整する。

カメラの明るさを調整する事で、ある程度明るくて鮮やかな写真を撮る事ができます。

被写体を見て暗いなと思ったなら、ピントを合わせたい場所をタップして、四角い枠の右側に表示される太陽のアイコンを上にドラッグすると明るく撮影できます。

 

まとめ

smartphone_blank_tenin_man

最後まで見て頂きありがとうございます。

今回書かせてもらったカメラを綺麗に撮れるテクニックは、お役に立てたでしょうか?お役に立てたなら幸いです。

もし、今お使いの端末のカメラが使えなくなりましたなど端末の故障された場合は是非、スマホスピタル第4ビル店までご連絡くださいませ。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。